公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

意見具申 伏見宮御一流(旧皇族)男系男子を当主とする宮家を再興させるべき 伏見宮御一流の皇統上の格別の由緒について(その二)

« 基本的用語の説明からインチキ(1)-皇室典範に関する有識者会議報告書反駁- | トップページ | 所功の女系継承容認論駁・皇室典範に関する有識者会議報告書論駁(その1) »

2006/01/04

正月ぼけでつまらないミスを

紅白歌合戦でゴマキとかアヤヤをみて興奮したためか、つまらないミスをしてすみません。前回のブログで光孝天皇の姪が人康親王女(二世女王)でその子どもが藤原時平です。それなのに「光孝の甥」とか書いてしまって迂闊でした。訂正します。つまり宇多天皇と時平の母がイトコ、醍醐天皇と時平はマタイトコ。

  ところで今日の毎日新聞を駅で買って読みましたが、寛仁親王殿下が単独インタビューで再度、皇室典範問題に言及されています。再度発言されたのは通常国会を意識され強い危機感によるものでしょうが、ここまで切羽詰まった状況にしてしまったこと。自分も国民の一人として大変申し訳なく思ってます。自民党内閣部会の段階で国会に提出することなく潰してもらわないと情勢は厳しくなる。従って今月は死力を尽くすしかないように思う。

« 基本的用語の説明からインチキ(1)-皇室典範に関する有識者会議報告書反駁- | トップページ | 所功の女系継承容認論駁・皇室典範に関する有識者会議報告書論駁(その1) »

皇室典範問題」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 正月ぼけでつまらないミスを:

« 基本的用語の説明からインチキ(1)-皇室典範に関する有識者会議報告書反駁- | トップページ | 所功の女系継承容認論駁・皇室典範に関する有識者会議報告書論駁(その1) »

最近のトラックバック

2024年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31