公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 田中卓女系容認論反駁(1) | トップページ | 田中卓女系容認論反駁(2) »

2006/02/11

ふざけるな毎日新聞「修正案」

 女帝実現のための皇室典範改正で一気に動き出す寸前の際どいタイミングだったが、秋篠宮妃懐妊という、首相にとっては想定外の事態から今通常国会での強硬突破を断念したと報道されております。辛うじて日本国は救われた格好になった。このうえは国家の危機を救う男子皇孫誕生を期待したい。今秋、万歳三唱ができるように祈りたいと思います。
、秋篠宮両殿下が通常国会開幕直前にコウノトリの歌を詠んだ意味については、皇太子妃に対する当てつけになり雅子妃が気の毒という見方もあったが、拙速な皇室典範改正を望んでないとするシグナルであったかもしれず、秋篠宮妃懐妊はそれだけでも同点タイムリーぐらいの価値がある。
 もちろん今国会提出いかんにかかわらず自民党内での議論集約を首相が指示しており、油断できない。緊張感を持続して女系容認の田中卓反駁の続編は次回掲載しますし、男系支持といいながら女性天皇を容認する篠沢秀夫や桜井よしこ批判もやる予定です。
 
川西正彦(平成18年2月11日)

 私は女帝それ自体反対なので、皇室典範第一条「皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する。」の改変には絶対反対である。従って、女帝も認めるが男子優先という修正案も絶対容認しないという意見です。久間章生総務会長が修正案の検討を示唆しているという10日の朝日新聞の報道もあるが、とにかく有識者会議報告書を基礎とした改正案には一切容認しないことを重ねて表明します。
 ところが、それだけではないのである。2月9日毎日朝刊3面クローズアップ2006竹中拓実、犬養直幸、谷川貴史の署名記事を読んで怒り心頭にきた。「『折衷案』」浮上も」という見出しがあり、「他の継承案に修正する場合」という記事がありますが、たとえ男子皇孫誕生でも有識者会議の方針どおり皇位継承順位を3位から6位に貶めて、愛子女帝を実現する。ただし次の世代は男子皇孫の男系を優先して、男系派に配慮すると全くふざけた修正案が提示されています。
 皇室典範の改正がなければ、今秋、男子皇孫誕生なら皇太子-秋篠宮に次いで第三位の皇位継承権となり、皇太子の次の世代の皇位継承者となる(今後東宮家に男子皇孫誕生なら順位が下がるが)。それで万歳三唱できると思ったらそうはさせないという案である。

 つまり男系にこだわるが、皇位継承権は男女平等とするというのだ。せっかく男子皇孫が誕生したとしても、皇位継承権第三位を剥ぎ取って第六位に貶め、男系を維持するための子作り皇族にしてしまおうというのが、毎日記者の修正案です。そんな歪な制度をつくってまで愛子女帝を実現したいか。毎日記者ふざけるな。
 男子皇孫誕生なら文句なしに皇位継承順第三位ですよ。愛子内親王の女帝案は消えます。ただし、可能性としては皇孫殿下の妃となり皇后となることは考えられます。イトコどうしの皇親内婚例としては冷泉天皇(村上皇子)-皇后昌子内親王(朱雀皇女-三条太皇太后、観音院太后)、後冷泉天皇(後朱雀皇子)-中宮章子内親王(後一条皇女-二条院)、後三条天皇(後朱雀皇子)-中宮馨子内親王(後一条皇女)がそうです。
 朱雀天皇が兄で村上天皇が弟、後一条天皇が兄、後朱雀天皇が弟ですから、男子皇孫と愛子内親王の結婚が実現すれば同じパターンになります。なお、朱雀天皇に皇子なく、昌子内親王御一方だけです。また後一条天皇も皇子なく、章子内親王と馨子内親王の二方だけです(以上の婚姻では皇子女をもうけられなかった)。
 また弘文天皇(大友皇子)-十市皇女、高市皇子-御名部皇女、草壁皇子-阿閇皇女、大津皇子-山辺皇女、忍壁皇子-明日香皇女といった婚姻例も父方イトコ婚です。私は愛子女帝には絶対反対しますが、これらのイトコ婚のように妃から皇后となることには反対しません。これだけ多数の前例がありますから。
 しかし毎日記者のように男女平等のシンボルにするために男子皇孫から皇位継承権を剥ぎ取りたい人もうようよいるわけだ。狂気の沙汰というほかないが、大衆世論は皇位継承権剥ぎ取りに狂奔して支持する可能性も高い。民をもって国を簒うことは、民意をもって天命とみなす孟子の革命説ですが、有識者会議が国体変革、易姓革命合法化、フェミニズムに迎合しお墨付きを与えたため、世論は革命に誘導されているわけです。私は懐妊を知って狂喜しましたが、思いの外、大衆世論は紀子さまに好意的でないのかもしれない。巷では雅子妃が気の毒と感想を持つ人も少なくないようだ。小泉の強権で女帝の実現を期待していたフェミニストは懐妊でがっかり紀子さまは悪者扱いなのでは。しかし、そもそも世論・民意を基準にして帝位継承を決めるという発想が革命説ですよ。皇位は大衆世論で決定する問題では断じてない。世論がどう転ぼうと男子皇孫殿下を貶めることがあっては絶対ならないことを強調しておきたいと思います。
 女権拡張主義者の本音はたぶんこうだろう。秋篠宮夫妻が女帝容認の国民世論に逆らい通常国会を控えて禁欲しなかったのは男女共同参画の政府の方針に反し有識者に盾突き、反政府行為であるから、首相の面目を潰した秋篠宮とその親王の皇位継承権を辞譲(返上)させて、愛子内親王に譲るようなかたちがベターだと。もしそれをやったら恐怖政治になります。

« 田中卓女系容認論反駁(1) | トップページ | 田中卓女系容認論反駁(2) »

皇室典範問題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふざけるな毎日新聞「修正案」:

» 紀子さんと雅子さんとジェンダー [Make Your Peace]
誰もが驚いた三人目の政治的?妊娠で、久し振りに紀子さんが脚光を浴びています。朝日は朝刊の一面に「笑顔やわらか」という言葉を添えて写真を載せていましたが、こうしないと読者のニーズに答えられないんでしょうかね・・・。 それにしても、久々にとっくりと見た紀子さんの表情が、美智子さんにそっくりになっていて驚きました。見事に皇室に適応しましたね。適応できず、そのまんまの適応障害になった雅子さんとは対照的です。 紀子さんは社会に一度も出ることなく、学生のまま結婚して皇室に入りました。男女雇用機会均等... [続きを読む]

» 天皇問題 その28 文藝春秋3月号 34ページ 3本の記事 [時事問題ショートコメント!]
10日に発売された『文藝春秋』における皇室関係の記事タイトルは、最下段の写真の通り。 月刊誌の悲しさで、今般の紀子様のご懐妊については情報が及んでいないが、もちろん月刊誌の素晴らしさで、丁寧で綿密な記事となっている。全体として納得できるものだったので、お....... [続きを読む]

» 「見送り」報道に、浮かれていて良いのか [日本大好き、好きです早稲田日記]
 何かにつけて、変わり身の早い永田町。 すでに「皇室典範問題は終わった課題」という空気が、三つの議員会館を吹き抜けている。 どの議員事務所を回っても、「お疲れ様でした」「良かったですね」という按排だ。 この問題に当初から危機感を持っている議員事務所をた...... [続きを読む]

» 冬柴幹事長、自民党本部に乗り込む [日本大好き、好きです早稲田日記]
 衝撃情報です。 本日、午後2時30分より、自民党本部で「選挙制度調査会」が開かれました。 なんとその席には、公明党の冬柴幹事長が。 公明党として、「永住外国人の地方参政権」に関する法案を提出しているので、「どうか自民党にもご協力いただきたい」とのこと...... [続きを読む]

» 所功Vs竹田恒泰、BS・CS放送で実現 [日本大好き、好きです早稲田日記]
 今週金曜日、午後8時30分より、日本テレビ系、BS日テレ、及びCSch745日テレnews24、「デイリープラネット 金曜発言中」で、皇室典範問題を取り上げます。 何といっても、目玉は所功教授対旧皇族の竹田恒泰氏の対決。 ニュースの合間に番宣が流れて...... [続きを読む]

» 橋本元首相 皇族の意見聴かず非礼 [草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN]
本日の産経新聞がスクープ記事を掲載していますので、転載します。   平成9年から、内閣官房で皇室典範改正問題が討議されていたことはこれまでも指摘されていましたが、実は、平成1 [続きを読む]

» 天皇問題 その29 元号問題を考える 女系天皇論の隠れた元凶 [時事問題ショートコメント!]
突然だが、「明治以降の終身天皇制における一世一元制が、女系天皇を「必然」としている」、という話をしよう。 このことは(私の知る限り)まだ誰も論じていないが、女系天皇という皇統断絶への、隠れた重大要因だと私は見ている。これは官僚が秘かに考えていることである....... [続きを読む]

« 田中卓女系容認論反駁(1) | トップページ | 田中卓女系容認論反駁(2) »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

世界旅行・建築