意見具申 伏見宮御一流(旧皇族)男系男子を当主とする宮家を再興させるべき 伏見宮御一流の皇統上の格別の由緒について(その二)

公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 朝青龍の名誉と地位を守れ | トップページ | 長沢まさみと二宮和也お似合いだな »

2007/08/13

コメントの回答

11日スポーツ報知9面の記事はこうです。
「大関琴欧洲(24)=佐渡ヶ嶽が古傷の左ひざを負傷した。10日の北見巡業で明かしたもので『じん帯がグラグラしている状態』と表情を曇らせた。2日の部屋のけいこで再発したという。巡業の朝げいこでは土俵に姿を見せるが、申し合いは行っていない。秋場所(9月9日初日両国国技館)ヘ気になる状況だ。」
 古傷を再発させたの巡業ではなく直前の佐渡ヶ嶽部屋でのけいこらしい。巡業では申し合いをできない状態というのが正しい情報です。正確さに欠く表現について訂正致します。

« 朝青龍の名誉と地位を守れ | トップページ | 長沢まさみと二宮和也お似合いだな »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コメントの回答:

« 朝青龍の名誉と地位を守れ | トップページ | 長沢まさみと二宮和也お似合いだな »

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31