公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 北の富士サーフィン事件と比較して朝青龍の処分厳しすぎ | トップページ | 細木数子もヒジの故障は事実と発言 »

2007/08/12

朝青龍批判の産経新聞の論点納得できない

 本日の産経記事、朝青龍騒動3つの非http://www.sankei.co.jp/sports/fight/070812/fgh070812000.htm仮病疑惑による朝青龍批判が苦しくなったとみえて、土俵からいきなりグラウンドに舞台を代え、サッカーに興じたことが、けがのリスクがあり力士放棄に相当する行為などと言っている。輪島のランニング調整は角界の習慣にないので非難されたが、あの程度のランニングがそんなに悪いことか。朝青龍の運動神経では問題ないように思えるが。子どもとの草サッカーで2場所出場停止、4ヶ月謹慎処分。ハワイでサーフィンでは注意処分という落差は大きい。
 これまでの師匠高砂親方の記者会見では廃業を強いるという方針はとってないのでほっとしたものだが、産経記事は双羽黒を引き合いに出している。これは師匠立浪との人間関係が完全に破綻してしまったケースで今回のケースとは違う。既に高砂は記者会見で彼は犯罪を犯したわけではないと庇っており師匠との関係は険悪ではない。
 しかし産経記事は「廃業させろ」との声が協会内で上がっていると書いてあり、廃業選択がベストと読める。そんなに人の職業を奪うこと、生計の資を奪うこと、他人の不幸をみるのが楽しいのか。
 朝青龍は既に大横綱なのである。実績からいえば国民栄誉賞候補に挙げてもよいくらいだ。

« 北の富士サーフィン事件と比較して朝青龍の処分厳しすぎ | トップページ | 細木数子もヒジの故障は事実と発言 »

大相撲」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝青龍批判の産経新聞の論点納得できない:

» 喜多嶋舞 濡れ場 映像ファイル 【動画あり】 [喜多嶋舞 濡れ場 画像 動画 NEWS]
7月17日に大手出版社勤務の編集者(42)と再婚したばかりの女優・喜多嶋舞(34)が新作映画「人が人を愛することのどうしようもなさ」(監督石井隆)で、むせかえるような人妻のエロチシズムを漂わせている。人気女優の名美(喜多嶋)が、同じく俳優である夫(永島敏行)の浮気を知り、さみしさや絶望感から“夜の女”にあやしく変ぼうしていく官能のエロス作品。電車の中で足を大きく開いて挑発するシーンなど過激な艶技を連発し... [続きを読む]

« 北の富士サーフィン事件と比較して朝青龍の処分厳しすぎ | トップページ | 細木数子もヒジの故障は事実と発言 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築