公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 杉山元NHKアナの取材証剥奪に全然同情しない | トップページ | 未完成原稿シリーズ その2 判例研究 »

2007/09/15

未完成原稿の公開シリーズその1 2000年11月~2001年7月組合活動の記録

人生に残された時間は少ない、作文もしなければなせらないが、パソコンは最初のがクラッシュしたが、復元できたデータもある。いろいろな原稿や記録があるので逐次、個人名を削除して公開するシリーズ

2000年11月-2001年7月組合活動の記録(東京都水道局のある営業所の例)これ以外にもたくさんあるが、家に帰ってパソコンに記録をとっていた部分だけ

11月2日オルグ ビラ
11月6日8時50分 組合会議
11月7日8時50分所長交渉 ビラ スト権投票94パーセント
11月8日ビラ 8時50分から、Sが所長に尻を向け赤腕章をして書記長会議報告
動員強化、座り込み闘争に言及。ビラの内容は55歳定期昇給について ふいごまつり
11月9日 SとHが明日ビラ貼りについて協議 便所の向こう側にビラ、4時過ぎ頃Kが徘徊し自己申告書と面接の注意についてビラ配る。組合は一斉にまとめて提出するという。13日14日のソフトボール強要
11月10日ビラ貼り
11月13日 ビラ貼り 8時50分頃Kが所長要請行動のため集まってくださいと指示。但し、集まったのは役員のほか一人。
11月14日 ビラ貼り
11月15日配水ビラ貼り
11月16日K8時45分頃から30分間書記長報告 葛飾統合と徴収オンライン読み上げ アジ演説調 10時半頃 外で待機するのが慣例とKともう一人。所長より通常勤務を希望するか訪ねられる。
11月17日 ビラはり、Kが司会Sが演説20分くらい。Kは闘争への協力 云々 三時より所長要請行動。
11月21日Hが司会I報告 H闘争への協力と所長要請行動
11月24日ビラ貼り
11月29日 8時45分から約25分書記長会議報告。Sによる。赤い腕章をして所長に尻を向け。12月闘争のスケジュール。21日二時間スト。9日14日16日に動員。20日から三日間三六拒否さらに営業部会が延長を要望委している。退職者の欠員補充も闘争目標。ビラ配りKが8時45分前後に二回。S支部長が三時の休息時間は所長にやってもらう。どれだけ電話応対で失敗するか見てやりたいとほざく
12月4日 技術員室にビラ
8時45分頃から20分間職場集会 H・K・S 行動の要請と協力
12月5日 ビラ貼り。8時45分から所長要請行動、工事係主体。9時30分頃、Kと所長が私の方をみてにたり。HOとTともう1人が5時15分過ぎ所長がいないのをみはからってビラはり。
12月6日 ビラ四段貼り。所長窓口。S支部長がからかう。
12月7日 ビラ貼り 一部収拾
12月8日ビラ貼り TAが9時15分頃から報告。30分ほど。所長が要請行動に応え突き上げているなどという。Sら午後長時間会議少なくとも2時以降みていない。12月11日 ビラ貼り 検診係の所長要請行動九時からIら TAと所長が協議12月12日ビラ、Hが昼休み職場集会を指示、TOが加わって所長要請その前に別室で、IとSが代行。
12月13日 ビラ 大型も。Hが5時20分前ビラを持参
12月14日ビラ中まで 所長2時頃撤去
12月15日ビラ中まで 所長すぐ撤去
4時頃、シュプレヒコールあり、スローガン。最後まで戦うぞ。S。
12月18日 ビラ Kの友達阪神競馬場へ K朝サブ六拒否をふれまわる。所長も残業しないでください。とかいう。組合におこられるから。ビラ一つ残る。
2000/12/19ビラ三枚残りと所長三六拒否を宣伝
12月19日ビラ貼り所長の方面まで。と五時以降のビラ貼り三人確認、K会議の報告、当局に誠意なくストライキ決行を戦い抜くとの申し入れ。ストライキを戦い抜く協力をさらに二回。最後にさらに三六破棄で間違いがないようにと威圧的に指示。
12月21日スト中止職場集会、TAが長時間演説。
2月6日K昨日マージャン
2月7日報告、K闘争をくりかえす。春闘、ダイレクト入力阻止、パソコン共用化云々、公示工務定員削減、ビラ配り8-40 8-45から20分、十割動員。確認してください。拝聴願います。
2月13日東水オルグ春闘 TAー徴収担当係長の削減はさせない。徴収依頼額の引き上げに関連して HOーパソコンの私語 Sー中央支所通信を書いていた。昼。 
2月15日ビラ撒き5人ほど Kが麻雀の話し
2月16日HとKがMに動員指令18日午後
2月20日工事工務動員2時頃一人もなし
2月21日職場集会HとK 8時45分から25分
H営業部会報告とK書記長報告 処分抗議の朗読と所長への抗議 座り込みの企画と指令 拍手2回、3月1日のスト権投票は3回、しかも休む人研修者も必ず投票せよ。動員指令は2回くりかえす。必ず一人は、2日、6日3割、あと2日は2割
2月22日10時40分現場出張より戻ったところ、営業部会役員がオルグ。Hが3月決戦に戦う決意をあらわしていただきたい。と、拍手をさせる。
2月27日Kが3月1日のスト権投票の呼びかけ。合計5回スト権投票を繰り返し、当日不在の者は不在者投票を強要。夕方分会役員の会合。TA I S HO K
2月28日M分会から、連帯のオルグ、高率で批准し、当局に対し意思を表示、闘争の決意をあらわしていただきたい。H所長と笑顔で、ご静聴願います。
3月1日スト権投票の号令各係へ-K8時40分頃、台帳室幹部集まる。2時5分前、97%の賛成率で批准と報告。HI、Kについて飲みに行ったとき刺身をパクパク次々食ってしまういやしいやつだという。TA4階にいったりきたり。
3月2日ビラ貼りあり、Kスト権投票結果94%などと発表、工事工務問題所長要請のため集まることを指示するが 今回は執行部だけ殿こと。Sなど、所長の前にたって朗読。
3月5日ビラ貼り、5時50頃戻るとSUともう一人がビラ貼り。退庁7時頃HO残る。3月6日ビラ貼りドア四段、6時半すぎ配水課側、3時25分頃戻ると職場集会,M動員、50人くらい、Kが演説、赤いはちまき、定員削減抗議云々と練り歩く、I集会へ、あす三割動員にもかかわらず係長休みとか。
3月7日当局の示達ボリューム小さくて聞こえない。5時半前配水4人でビラ貼り
3月8日ビラ貼り、とったのは所長要請行動のあと。K、所長の前で昼休みの職場集会の呼びかけ、二回、工事工務の仕事の内容の変化等について、所長要請行動、S支部長ら怒鳴る。5時25分前に配水三人でビラ貼り。
3月9日ビラ、現場7項目要求、工事工務48人削減、5時20分頃階段でビラ、K所長交渉結果の回答等をうけて所長交渉よびかけ、TA、S、HOら、11時頃ビラはがし、3時頃から5時過ぎまで再び所長交渉。所長付近にビラ、机の上にビラ4枚つり下げ3月12日ビラ。自分の斜め前2つ、斜め後ろ1つ、右斜め1つ、S支部長の脇と、窓等、朝はがす。所長が3時半ごろはがすなと言う。トラブルがおきるから云々。
3月13日ビラ、職場集会三人たつ。業務妨害に対する自力救済Kに突撃、所長に就業命令を出せというしと、長年の慣行、副支所長より呼び出し。勤務時間の職場集会が正常というのかとただすとはぐらかし、何も応えない。暴力の話だけ。6時半に配水のほうだけがビラ、残っていたのはかなり。TA、HO、Sなど
何時からはじまりますかと所長。夕方からS、HO、Kが所長と懇談。HOとSが3時頃ひそひそ話。たてかんを自転車置き場で発見。現場新規採用、受託工事反対等
問題を矮小化し暴力行為としてラベリングしようとしている。誘発しているのは当局。ビラ貼り容認。職場集会、争議行為容認、支援。所長は集金の約束は本当かは不愉快。
3月14日ビラ、HOらの仕業、ストライキの文字あり。
3月15日ビラ、所長より上申書の話。10時半Kがたち営業問題で所長要請行動。支所長と意見交換。1時の約束。所長、Sと三六協定の話し
3月19日上申書提出、午後かなり長時間所長交渉、退庁時K仁王立ち
3月21日ビラ、午前中所長交渉工事工務のかなりの数集まる。静かな内容
3月22日ビラ、所長より、あすの時限ストライキに関して配水課にメンツがあるのでピケラインをはるから、衝突しないように、8時前にきてもらいたい、ピケを避けて裏から入ってもらいたいと指示。
3月23日職場集会、SUとH
3月26日部会報告、H、TA、ダイレクト入力問題など8時45分から9時10分過ぎ
3月28日、Sズボンにワッペン。KきのうKA、HIと徹夜麻雀、まけたらしい。KAが昼休みいびきをかいていた。所長転勤がきまってにこにことMIが噂を、TAさかんに電話、調べものしてほしい。SI4時過ぎ15分くらい遊び。
4月4日部会委員会報告H、Kがすわり、Sが仁王だち
所長に呼び出しー気になったところ、拍手、とみたくない
4月17日頭上報告、書記長会議 公務員制度改革の競争原理等反対。退職金の見直し。メーデーの趣旨国際的連帯云々、頭上報告を拍手で確認してくださいとH、ご清聴ありがとうございました、SとH、Sがうろつく。メーデーは三・五割動員
4月25日通達メーデーの関係かボリューム絞ってある。
5月17日S・H・HOが所長まえ、TAも、きのうあたりから蠢く、組合レイアウト案。脇机についてHIから。
5月25日Kと所長、SO4時すぎいない会議か
6月4日頭上報告H
6月5日所長との面談
6月6日支部大会夜間
6月14日一発
7月13日川西問題
7月19日全水道職場集会
7月26日3時より分会執行委員会

« 杉山元NHKアナの取材証剥奪に全然同情しない | トップページ | 未完成原稿シリーズ その2 判例研究 »

労働」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 杉山元NHKアナの取材証剥奪に全然同情しない | トップページ | 未完成原稿シリーズ その2 判例研究 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築