公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« ロックナー判決マンセー論(12) | トップページ | ロックナー判決マンセー論(13) »

2007/11/16

ウェストヒップポイント(1)

 少し古いネタになるが、90年代に戻ってSPEEDで美人あるいは恋人にしたい順に名前を挙げよと質問されれば、私なら上原多香子-島袋寛子-新垣仁絵-今井絵理子と答える。無人島で自分とこの4人だけになったとしても襲いかかりたいのは最初の2人だけ。たぶん8割以上の男性の人気は上原と島袋で独占するだろう。そういうものだ。そういうと後の2人に失礼かもしれないが、えり好みし美人を好むのは最も人間的な特徴である。雌ならなんでも良いというのはサルと同じで人間失格だ。
 つまり美人というのは主観的なものでなく、脳のくせでだいたい決まっている。諸説あるけれども、よく言われるのは平均顔よりパーツごとに少し特徴のある顔。平均顔が好ましいという仮説からすれば、美人は殺しても殺しても枯渇することはないという結論になる。なぜならば常に相対的平均顔は存在し、相対的に美人とみなされるからだ。そのような意味では美人は相対的価値にすぎないともいえる。コケットリーな女ないし美人は100%悪女と思っていた方が無難だろう。
 しかし美人は価値がある。歌舞伎町のノーパン喫茶の全盛時代を知ってますが、ソフトドリンクが千五百円で、指名料七千円ぐらいだったかな。美人を指名できればソフトサービスでももったいないとは全然思わなかった。大体私の場合はかなり屈折しているので多系倒錯様固着的性行動を好むタイプ、つまり変態ですね。どこかの市長さんみたいに、ディープキスとか指を2本入れたりすること一度もないですよ。そういうノーマルな性行動は嫌い。合コンしたことないし、ソフトサービスの店しかいったことないですから。
 しかし美人でなくても若いこと自体が性的魅力である。
 性的魅力の判断基準はウェストヒップポイントといわれる。こちらの方が決定的のよう思える。これは数年前のニューズウイーク日本版に書いてありました。バストはさほど重要でない。なぜならば胸の大きさは授乳能力の指標にならないからだ。
 人間はヒップ10に対しウェスト7の割合のプロポーションを性的魅力と感じるくせがあるとのこと。
 女子は第二次性徴期に骨盤が発達し、ヒップが丸くなって女らしくなり、ウェストがくびれてくる。そしておよそ10対7の割合になると、人間の脳は成女とみなし性的対象として好ましいと判断するようになっているようだ。
 実際、広末涼子、菅野美穂、榎本加奈子といったアイドルがほぼウェストヒップポイント0.7だった。グラビア系の雛形あきこ、原久美子は結構くびれていて、0.6いくつかでした。しかしグラビア系ほどくびれる必要はなく、およそ0.7で十分魅力的と判断できるのだ。
 私が関心があるのはジュニアアイドルである。14~15歳でもウェストヒップポイントはおよそ0.7であり人間の脳は成女と認識するようにできている。
 たとえば発売中のフライデー11月30日号に沙綾14歳の水着写真がありB80-W57-H80とあります。ウェストヒップポイント0.715なので私の脳は成女と認識しました。
 

« ロックナー判決マンセー論(12) | トップページ | ロックナー判決マンセー論(13) »

性・精神医学」カテゴリの記事

コメント

川西正彦 独身

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェストヒップポイント(1):

» 衝撃!巷に溢れるリア・ディゾン、偽リア動画一挙大公開!! [衝撃!巷に溢れるリア・ディゾン、偽リア動画一挙大公開!!]
世の中にはこんなに多くのリア・ディゾンが溢れかえっていた!全員、目を疑うほどのソックリぶり。今話題の偽リア動画を一挙大公開!!オークションで高騰したリアの衝撃動画も… [続きを読む]

» 亀田パパ・亀田史郎氏、美人ホステスへのセクハラ証拠画像独占スクープ!! [亀田パパ・亀田史郎氏、美人ホステスへのセクハラ証拠画像独占スクープ!!]
ついに見てはいけない禁断の写真が流出してしまった。亀田パパ、美人ホステスへのセクハラ証拠画像をついに独占入手!盛んにカラダをクリンチさせるセクハラ親父の実態が明らかに… [続きを読む]

« ロックナー判決マンセー論(12) | トップページ | ロックナー判決マンセー論(13) »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築