公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« SASインスティチュートの企業文化との比較(3) | トップページ | 読書感想 中川八洋『保守主義の哲学』 »

2007/12/15

コンプライアンスいい迷惑

  コンプライアンス倒産とか報道されてます。http://news.www.infoseek.co.jp/fuji/society/story/13fuji320071213017/、6月の改正建築基準法の施行以来、建築確認の手続きが長期化するようになり、住宅着工が大きく減少、建設業界に深刻な事態を生じているという。くだらないコンプライアンスで迷惑かかっている人がたくさんいるわけだ。ばかげてますよ。
私は専門家でないから構造のことはわかりませんが、そんなに姉歯事件は重大な問題だったのでしょうか。実際に壊れたマンションなんてないじゃないの。素人了見ですが過剰反応のようにも思える。とにかく役人は法律で縛りたがる。経済活動を規制する法律万能主義はろくなことないですよ。髪型と鬘で茶の間に笑いと話題を提供してくれた姉歯さんより国の規制のほうがよっぽど人に迷惑かけてるし悪だと思います。
今となっては遅いがヒューザーの小島社長に同情したいです。社長が力説していた、安くて広くて住みやすいマンションをコストダウンで顧客に提供するサービスは立派なものですよ。「吠える参考人」といわれ、ギャグも連発して面白いキャラでもあつた。
安かったら姉歯物件に住みたいとも思うくらいだ。建築基準違反でマンションが損壊する可能性より心臓病と糖尿病の合併症で早死にする確率のほうが圧倒的に高いんですから。構造なんて全然気にしませんね。

« SASインスティチュートの企業文化との比較(3) | トップページ | 読書感想 中川八洋『保守主義の哲学』 »

労働」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コンプライアンスいい迷惑:

« SASインスティチュートの企業文化との比較(3) | トップページ | 読書感想 中川八洋『保守主義の哲学』 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築