公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 週刊誌の感想 | トップページ | レイバー・インジャンクションの端緒となった1877年大鉄道ストライキについて »

2008/02/02

バレンタインデー雑感

デパートではバレンタインフェアをやってますね。錦糸町の丸井で玄関を入ったらいきなりチョコレート売り場なのでびっくり。突然国生さゆりの歌がひらめきました。
昔、本などで読んだんですが、米国ではチョコレートではなく、カードや花などを贈っている。チョコレートでなければならないというのは、菓子業界の販売促進の宣伝であって日本的な習慣らしい。男性から贈っても良いのであって、恋人同士、家族でも贈っても良いのである。http://www.family.gr.jp/valentine/valentine.htm
これも昔、本で読んだんですが、米国のある高校では、白いカーネーションが贈られると「知り合いになりたい」というサイン。直接持参するのが恥ずかしい人のために、運び屋のサービスもある。世話も焼いてくれるのである。それは生徒会でやってくれるらしい。ピンクのカーネーションは「あなたが好きです」という意味。いきなりピンクでなく、白い花から贈るのが無難であるとか。赤いカーネーションは「愛してる」という意味なので既にステディな関係の場合である。男女どちらから贈ってもよいらしい。
さしあたり、白い花でも贈っておけば、よほどもてない男でない限り、異性の友人を得やすい下位制度といえるだろう。 
つーか、卒業ダンスパーティーでパートナーがいないと恥をかくので、社交上、異性の友人は確保する必要がある。。
そうしてみると、日本の習慣は女性のための行事になっていて偏りすぎているように思える。日本ではクリスマスに商店街でクレッシュ(馬小屋でのイエスの降誕シーンを描いた人形等)http://www.geocities.jp/bourgognissimo/Bourgogne/1ARTL/BR_032_4.htmを飾ることは全くいってよいほどない。 それはクリスマスが完全に世俗的な行事として受容されているためだが、バレンタインデーの在り方もかなり変質しているといえるだろう。
一方、合コンは日本の土俗的文化の臭いがする。若者と娘が集団見合い状態で、歌を掛け合う、歌垣は神武天皇の時代にまで遡ることのできる古い文化で、中国雲南省の少数民族にもそうした行事が伝えられているので、照葉樹林型文化ともいえる。
正月の成女式などに集団見合いをやって歌を掛け合い、返歌ができないと帯をほどく罰ゲームをやって、ねんごろになるというのが、日本的男女の出会いパターンだった。合コンもこのパターンと同じ。
  どこかの政令指定都市の市長みたいに合コン-王様ゲーム-指二本入れるところまで進むのが一般的な在り方なのか、私は知りませんが、一般論でいえば合コン参加者は乱痴気騒ぎになることはある程度合意のうえで参加しているはずなのであって(それがなければ合コンの意味はない)、王様ゲームで舌入れ接吻したからセクハラだとか、指入れたからセクハラだとかいって騒ぐのは大きな間違いだと思う。
  実は合コン世代は気配りができて優秀だとの評判があるということをどこかで読んだ。合コンではしらけさせる行動をとる人は次第に排除されていく、空気が読めない場違いなことをやらないし、気配りができて重宝がられるのである。そうした意味でも日本的文化といえるだろう。

少子化対策は平均初婚年齢を下げることですよ。見合い結婚が廃れてしまった以上、異性の友人を得やすい文化を創造していくことも重要です。バレンタインデーは男性からも贈り物ができるよう変えましょう。合コンも悪くないです。スーパーフリーを潰したのは大きな間違いでした。少子化対策というなら、できちゃった結婚を奨励するのも一策です。男子は「中出し」を躊躇せずに元気で行こうとかコピーを政府公報でやることですな。

 
 

« 週刊誌の感想 | トップページ | レイバー・インジャンクションの端緒となった1877年大鉄道ストライキについて »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

関東連合や親密な朝青龍、長渕剛と同じく品性下劣な、公畜川西正彦は死ね

精神や肉体的にも不摂生を重ねた末に脂ぎった挙げ句の涯てが、この配管にスラッジやスカムが詰まった様な妄言だぜ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バレンタインデー雑感:

« 週刊誌の感想 | トップページ | レイバー・インジャンクションの端緒となった1877年大鉄道ストライキについて »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築