意見具申 伏見宮御一流(旧皇族)男系男子を当主とする宮家を再興させるべき 伏見宮御一流の皇統上の格別の由緒について(その二)

公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 読書感想 ノーマン・F・キャンター『中世の発見』 | トップページ | 事実経過も連絡してはいけない職場って »

2008/04/20

バックリー二世の訃報に接して

 大変遅れましたが、一言追悼します。2月27日、50年代~60年代保守主義運動の有力な戦略家だったウィリアム・バックリー二世の訃報がありました。中山俊宏の「アメリカにおける保守主義台頭の力学」久保文明編『G・W・ブッシュ政権とアメリカの保守勢力-共和党の分析-』日本国際問題研究所2003年を読みましたが、バックリー二世は『ナショナル・レビュー』http://www.nationalreview.com/を創刊し、60年代全米で最も読者の多いコラムニストで相当な大物です。バックリー二世の功績は包括的保守主義の流れをつくったことでした。保守派は70年代ヘリテージ財団などのシンクタンクの台頭で影響力を増してきましたが、保守主義の台頭を素地をつくったのが、バックリー二世ということです

« 読書感想 ノーマン・F・キャンター『中世の発見』 | トップページ | 事実経過も連絡してはいけない職場って »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックリー二世の訃報に接して:

« 読書感想 ノーマン・F・キャンター『中世の発見』 | トップページ | 事実経過も連絡してはいけない職場って »

最近の記事

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31