公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 正平一統の記述に関する訂正 | トップページ | 新聞記事の感想 »

2008/05/10

だから、児童ポルノに目くじらたてるなって言うのさ

 「冬ソナ」の純愛イメージ壊す韓国の性犯罪事情 」という日刊ゲンダイ(あんまり信用できないメディアですが)の記事に次のようにあります。  http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080505-00000009-gen-ent

「朝鮮日報によるとると、10代人口10万人当たりのレイプ犯の数は、米国の2倍、日本の10倍という。」韓国では「出版物に乳首を載せることすらご法度」という。
 いうまでもなく、日本はアメリカや韓国より性的表現物が氾濫しているわけですが、日本の場合、基層文化に、性欲が罪悪という思想がないこともあるでしょうが、明らかに性的表現物は若者の性欲の代償的充足になっており、かなりの性犯罪抑止効果があると考えます。かつて宮台真司が「コンビニで『投稿写真』を買えるのは嬉しいね」みたいなことを言ってましたが、正しい見解ですよ。それでかなりの性欲が充足されます。
 日本より韓国で圧倒的にレイプが多い理由の一つは性的表現が解放的でないことをは前から言われていたことです。但し、私はネットウヨでないし、文化相対主義的に韓国の伝統文化も尊重します。いや韓国が正常で、日本人男性に元気がなさすぎるのかもしれません。
 日本人男性はおとなしいのに、やれセクハラだ、女性専用車両だと過剰に女性を保護しようとして非常に不愉快な社会になっている。

« 正平一統の記述に関する訂正 | トップページ | 新聞記事の感想 »

性・精神医学」カテゴリの記事

コメント

川西正彦 理解不能

襲いかかります、フヘヘヘへ…なんて妄言をほざいてる時点で、こいつが将棋の中原って名人みたいな変質者なのは解るわなw
で、キャバや風俗等でも女の子に対して、品性下劣で不潔な態度を執っては公務員の地位をひけらかしては威張り、嫌われたりする脂ぎった最低な野郎なんだな!!

1.何度叩かれてもても、繰り返す(全く効果なし)
2.指摘した箇所のみに固執し、全体が見えず、何度も繰り返しの繰り返し(自分で修正した他への影響を考えられない)。
3.ミスをしても、なぜそれが悪かったのか深く考えることができず、決まりきった表面的な言葉の繰り返しによる反省(普通は反省とは言えないような反省しかできない)しかできない。だから、一般的には類似の範囲と思われる事柄でも、同じようなミスをしてしまう。本人に同じようなミスをした意識は皆無。
4.ミスして反省が全く活かされていないことへの指導しても(叱っても)、その場限りでしのぐのみで、切り抜けるために、表面的なコミットしかできず、それは後日やってない。そこで、表面的なコミットなので、それを追及されると、中身が何も無い。
5.叱られている時の態度は、丸めているが、それが終わるとすぐに何もなかったかの如く
6.ブログでの発言や、コミュニケーションの取り方が、自分の至らなさで生じたことでも相手を責めるような上から目線の言い方を年長者に対しても構わずやってしまう。しかも、社会の状況などに配慮もなく、話し始める。だから、彼とは話したくない人が増加中(相手をイライラさせる)。ただ、他部門のそうした扱いを受けた人たちは、私に彼がど叱られている姿を一日一回は見せられているため、多少の同情の念があり、温かく見守る雰囲気がある。
7.叱っている最中、嫌味を込めて言った逆説的な言い方を嫌味と捉えることができず、言葉通りに受け取ってしまった(以後、こうした回りくどい言い方は極力廃してます)。
8.以前、宿直日報を書かせていたが、こちらがコメントを書き込んだことに対して、何も反応がない。コメントに対してどう思うか書けと言っても、表面的な言葉を書くだけ。なぜこちらがそうしたコメントを書いたのか、全く理解出来ていない。
9.5番目にも通じるが、叱られたことを反省として日報に一言も触れられていない/書かれていない。こちらとしては都合よく忘れたように感じてしまいます。

あなたのおっしゃてることに共感しますよ。
日本は女のさじ加減で男性が犯罪者にされる女尊男卑国家ですからね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: だから、児童ポルノに目くじらたてるなって言うのさ:

« 正平一統の記述に関する訂正 | トップページ | 新聞記事の感想 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築