公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 中世の温暖期といえば1167年皇帝バルバロッサのローマ総攻撃後のマラリア大流行による破局的事態も論拠になるだろう | トップページ | 土屋都議の見解が正論だと思う »

2008/07/15

どうもマラリアはローマでよく流行していたらしい

 私は教皇アレクサンデル3世を尊敬するし、この文明世界の規範提示者の一人である。法律と行政の天才だと思う。ゆえに、最大の敵対者、ケルン大司教ライナルト・フォン・ダッセルが死んだ事件に興奮するあまり、1167年マラリア大流行を大々的に取り上げたわけだが、インターネットで調べてみると、この時代に限らず、ローマではよくマラリアが発生したという。『ローマ教皇検死録 ヴァティカンをめぐる医学史』小長谷正明 中央公論新社・新書版に「ローマ近辺ではマラリアがよく流行り、「ローマの友だち」と渾名された」とか「1758年即位のクレメンス13世は、マラリアの原因はローマ周辺の沼沢地に原因ありとする説を採用、干拓を開始する。事業は後世に引き継がれ、結果、マラリア患者は現実に減少した。」 http://d.hatena.ne.jp/Lt-Col/20040622と書かれているらしい。そうすると中世の温暖期は説明できないことになり、拙いことになりましたが、まあいいですよ。
 パスかリス3世は、アレクサンデル3世の祭壇を撤去して新しい祭壇を造ったらしい。その結果がこのカスタロフィですから、重要な事件であることにかわりはないわけです。

« 中世の温暖期といえば1167年皇帝バルバロッサのローマ総攻撃後のマラリア大流行による破局的事態も論拠になるだろう | トップページ | 土屋都議の見解が正論だと思う »

西洋史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうもマラリアはローマでよく流行していたらしい:

« 中世の温暖期といえば1167年皇帝バルバロッサのローマ総攻撃後のマラリア大流行による破局的事態も論拠になるだろう | トップページ | 土屋都議の見解が正論だと思う »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築