公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« エコならウォルマートですよね | トップページ | 銃規制違憲判決(2) »

2008/07/03

こちらはスカッとしました銃規制違憲判決

  迂闊にもニュースのチェックを怠ってたので間延びしますが、6月の開廷期末に重要判決が出ました。6月26日(木)合衆国最高裁は5対4の僅差でワシントンDCの銃規制条例を自衛という合法的な目的のための使用を不可能にするので違憲とする判決を下しました。(ニューズウィーク日本版2008/7/9)
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080627-OYT1T00363.htm 
http://www.cbsnews.com/stories/2008/06/26/supremecourt/main4211588.shtml 
http://www.csmonitor.com/2008/0627/p01s05-usju.html 
 http://www.latimes.com/news/opinion/editorials/la-ed-guns18mar18,0,7026477.story
 合衆国憲法修正第2条「規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要であるから、市民が武器を保有し、また携帯する権利は、これを侵してはならない」 についてよく研究してないので、コメントしづらいですが、建国時の共同防衛は民兵を組織化したものであって、常備軍ではなかったし、市民が武器を所持するのは当然のことと思える。民兵組織があってアメリカという国が成り立っているのだから。
 そもそも欧州の伝統では家宅はアジールとしての性格を有するのであって、私兵も雇ったし、家宅に侵入する者を殺すのは当然の権利ということだったのではないか。現代人は殺す権利を奪われてしまったことが問題だと考える。いずれにせよ。全米ライフル協会が歓迎していると言うことで喜ばしい判決である。銃規制や銃社会を糾弾する人は大嫌いです。先方は憲法上の権利なのにそれを否定するのは厚かましいですよ。 
 判決の内容についてまだ研究してませんが、スカリア判事は自宅に自衛のための武器を所持することは憲法上の権利であることを明らかにしたようです。
 

« エコならウォルマートですよね | トップページ | 銃規制違憲判決(2) »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: こちらはスカッとしました銃規制違憲判決:

« エコならウォルマートですよね | トップページ | 銃規制違憲判決(2) »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

世界旅行・建築