意見具申 伏見宮御一流(旧皇族)男系男子を当主とする宮家を再興させるべき 伏見宮御一流の皇統上の格別の由緒について(その二)

公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« どうもマラリアはローマでよく流行していたらしい | トップページ | 海の日なんてばかばかしい »

2008/07/16

土屋都議の見解が正論だと思う

 民主党の土屋敬之都議が16日、石原都知事を批判し---「自分の目的のために皇室を使うという発想には賛成できない」と批判。五輪招致議員連盟から脱退したことを明らかにした。---との報道があります。http://news.nifty.com/cs/topics/detail/080716042664/1.htm
 私も同意見。東宮大夫を「木っ端役人」とののしるのは無礼だし、自分の意に沿わない人物を「木っ端役人」よばわりするのは幼稚との心証。そもそも東宮大夫は木っ端役人ではない。平安時代であれば参議以上で天皇の信任の厚い公卿であることが多い。たとえば安殿親王(平城)の東宮大夫藤原葛野麿、神野親王(嵯峨)の東宮大夫参議巨勢野足、大伴親王(淳和)の東宮大夫参議藤原三守、道康親王(文徳)の東宮大夫参議安倍安仁とか。東宮大夫はつまり東宮坊の監視役でもあるのでそれなりの実力者が起用されることが多い。本来は要職ですよ。知事は国民投票なら自分の意見に賛同するはずだと言うが、たぶん国民の多くはオリンピックより各地で開催できるワールドカップのほうが経済効果があると思っているんじゃないの。

« どうもマラリアはローマでよく流行していたらしい | トップページ | 海の日なんてばかばかしい »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土屋都議の見解が正論だと思う:

« どうもマラリアはローマでよく流行していたらしい | トップページ | 海の日なんてばかばかしい »

最近の記事

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31