公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 同性愛者のバンダリズムを重ねて非難します | トップページ | ネットは凄いな小泉容疑者が譲ったとされるDVD3枚のタイトル判明とか »

2008/11/22

朝日新聞科学記事「地球に寒冷化の恐れ」の感想

   21日朝刊22面の科学欄で長崎緑子記者の記事を読みました。見出しは「太陽元気なし-活動期でも黒点増えぬまま-地球に寒冷化の恐れ」とあり、京都大学飛騨天文台長の柴田一成教授(太陽物理学)の「年内ずっと黒点が少ないと寒冷化が心配になってくる」とのコメントを載せている。
 さすがに朝日新聞だ。温暖化に反対なのかなと思ったら、そうでもなく、鍵括弧付きで「今世紀は温暖化に向かう」という見出しで、東大の中島映至気候システムセンター長の見解も並列して載せている。中島氏は太陽風と寒冷化の仕組みはわかっておらず、寒冷化は数百年~数千年単位の問題として、今世紀の終わりまでという時間的スケールでは温暖化のシナリオどおりと述べている。対立する意見も載せているわけです。
 太陽物理学者と大気物理学者とどちらを信じてよいのかわからないが、私は温暖化しようが寒冷化しようが経済活動規制の口実となるエコには反対である。エコより経済的自由と経済成長が優先ですね。エコという偽善的社会的正義のために人間の自由が犠牲になってはならないとと思います。
 そもそも私はそんなに地球と地球人を愛してない。別の星に生まれればもっと幸福だったかもしれない。ツバルが水没しようとかまわないし、今世紀1.8~4度温度が仮に上昇したとしても何が悪いのかわからないです。マラリヤの生息域が増える位のことなら、北のほうに移動すれば良いわけですよ。
 銀河系に知的生命体が進化した星が仮に10あるとする。その中で地球の文明がもっとも堕落しているかもしれない。実はもっとも腹黒いのが地球人かもしれないのである。地球人が悪人だけなら、核戦争で破滅してもいいんですよ。地球環境より人間はもっと素直になって自己自身の最大利益と幸福のために行動すれば良いというのが私の世界観だから。
 世界観でいえば、エホバの証人のように、キリスト再臨による統治で超自然的に地球環境は回復するみたいなに楽観的な世界観でもいいんです。 

 お金があれば死ぬまでに全部使ってしまう人もいれば、貯金しまくって何も使わないで死ぬ人もいる。化石燃料は神が人間に与えたエネルギー資源として、ありがたく使い切ってしまっても良いと思いますよ。
 

« 同性愛者のバンダリズムを重ねて非難します | トップページ | ネットは凄いな小泉容疑者が譲ったとされるDVD3枚のタイトル判明とか »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞科学記事「地球に寒冷化の恐れ」の感想:

« 同性愛者のバンダリズムを重ねて非難します | トップページ | ネットは凄いな小泉容疑者が譲ったとされるDVD3枚のタイトル判明とか »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築