公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 文化勲章がないのはなぜ | トップページ | Jim DeMint 上院議員のいうUAWがデトロイトの苦境の要因とする見解は基本的に正しい »

2008/12/13

悪いニュース  N.C. 世界最大豚屠殺解体処理工場で組合設立成功

   労働組合組織率3%と全米でもっとも低いノースカロライナ州において、フェーエットビル近郊の労働者約4500人という巨大な工場(スミスフィールドターヒール工場)で組合代表選挙がありましたが、2,041対1,879と組合設立賛成52%でUFCW(国際食品商業労組)が辛くも勝利しました。
http://www.charlotteobserver.com/business/story/410452.htmlシャーロットオブザーバー
http://www.newsobserver.com/business/story/1330939.html ニュースオブザーバー
http://www.forbes.com/feeds/ap/2008/12/12/ap5816523.html AP
http://hamptonroads.com/2008/12/smithfield-food-workers-union-start-contract-talks-early-09
The Virginian-Pilot
http://money.cnn.com/news/newsfeeds/articles/djf500/200812120654DOWJONESDJONLINE000597_FORTUNE5.htm ダウジョーンズ

http://www.reuters.com/article/marketsNews/idUSN1141062820081212ロイターhttp://www.nytimes.com/2008/12/13/us/13smithfield.htmlニューヨークタイムズ

ロイター記事によるとスミスフィールドは合衆国で豚肉で31%のシェア、養豚で17%の巨大企業ですが、5万8100人の従業員のおよそ51パーセント、2万8800人が組合に代表されていました。しかしAP記事によるとノースカロライナ州は労働権州なので組合が交渉代表となった職場でも、労働組合に加入せず、組合費を払わない労働者の権利があり、この工場では組合費を払わない労働者が多くなる可能性を示唆しています。シャーロットオブザーバーによると労働組合反対派は今回の組合の勝利にも関わらず、ノースカロライナで組合が足がかりを得たわけではないと述べているということです。又、組合は経済成長に水を差して、時々労働者に不当な契約を強要するという、反組合団体のスポークスマンのコメントも載せています。
  UFCWは合衆国とカナダで精肉業、家禽、食品加工、食品を扱うスーパーマーケットなど で140万人の労働者の交渉代表となっているが、約100万人はスーパーマーケットである。近年で目立った活動としては2003年の南カリフォルニアのスーパーマーケットの長期ストライキhttp://www.jil.go.jp/foreign/jihou/2004_4/america_01.htm http://premium.nikkeibp.co.jp/retail/column/suzuki2/02/index.shtml、反ウォルマート運動 、
そしてスミスフィールドとの抗争である。組合は2006年にスミスフィールドに対して大きなデモを行った。スミスフィールドは2007年に威力脅迫および腐敗組織に関する連邦法(RICO法)に基づいて労働組合の活動を恐喝未遂として提訴も行っていたのである。
 それだけに今回  UFCWに勝利を許したことを、非常に遺憾に思いますが UFCWはクローガーやセイフウェイとか、100年近い歴史を持つたグローサリーストアで組織化されてますが、しかし反労働組合の巨大小売業ウォルマートをはじめとして、パプリックスなどの優良食品スーパーは組合不在で組織化は難しいと考えられます。
 

« 文化勲章がないのはなぜ | トップページ | Jim DeMint 上院議員のいうUAWがデトロイトの苦境の要因とする見解は基本的に正しい »

ノースカロライナ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 悪いニュース  N.C. 世界最大豚屠殺解体処理工場で組合設立成功:

« 文化勲章がないのはなぜ | トップページ | Jim DeMint 上院議員のいうUAWがデトロイトの苦境の要因とする見解は基本的に正しい »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

世界旅行・建築