公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 南部共和党議員は外資系企業の利益を代弁しているのではない(1) | トップページ | Daniel Ikensonのコラムの感想 »

2008/12/16

南北対立-UAW 対非組合南部の構図(2)

  UAWの組合員はミシガン、オハイオ、インディアナ、イリノイ、ペンシルベニア、カリフォルニア、ウィスコンシン、ミズーリ、ニュージャージー、アイオワの各州に多い。PDF http://www.jil.go.jp/jil/kaigai/jihou/2001_12/200112tokushu.pdf
とされてますが、主として北の州です。しかしテネシーにもGMの工場があって3500人を雇用している。Bob Corker 上院議員に怒っているということですし、南東にもUAWの組織化した工場はあります。、ディーラーや関連産業もあるので、ビッグ3がこけると南部にもかなり影響があると考えられますが、それでもUAWが効果的に解体されずにビック3を救済することには反対です。Bob Corker 上院議員がやったことに驚喜する理由-危機が好機です。赤い1930年代に出現した産業別組合という悪の1つをこの際駆逐できればそれにこしたことはありません。産業別組合がのさばったのは、大恐慌後の30年代以降の歴史です。1920年代はデトロイトも組合の組織化を抑止していました。

南北問題を扱った記事として次の記事があります。  http://www.boston.com/cars/news/articles/2008/12/15/auto_aid_views_fall_on_north_south_divide/
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2008/12/13/AR2008121302207.html?tid=informboxワシントンポスト
  http://www.timesonline.co.uk/tol/news/world/us_and_americas/article5342459.ece
タイムズ
http://thefeeherytheory.com/?p=346
  ブログ

« 南部共和党議員は外資系企業の利益を代弁しているのではない(1) | トップページ | Daniel Ikensonのコラムの感想 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南北対立-UAW 対非組合南部の構図(2):

« 南部共和党議員は外資系企業の利益を代弁しているのではない(1) | トップページ | Daniel Ikensonのコラムの感想 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築