意見具申 伏見宮御一流(旧皇族)男系男子を当主とする宮家を再興させるべき 伏見宮御一流の皇統上の格別の由緒について(その二)

公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 国籍法改正の次 | トップページ | 年越「派遣村」は偽善と言う池田信夫ブログの感想 »

2009/01/09

南部に希望がもてます

 フォーブスの記事です。http://www.forbes.com/vehicles/2009/01/06/foreign-automaker-towns-forbeslife-cx_he_0106cars.htmlテネシーのチャタヌーガに建設中のフォルクスワーゲンの工場が2011年に稼働しますが地元は興奮してます。又、ジョージアのウエストポイントは韓国の起亜自動車を誘致、ミシシッピはトヨタの工場を誘致しています。
 結局、ドイツ企業はメルセデスベンツがアラバマ、BMWがサウスカロライナ、VWがテネシーと南部に集まりました。それぞれ進出した理由がありますが、南部は組織化しにくいと言う評判が一つの要因であることは間違いありません。

CARPEディーム の12月30日の記事です。http://mjperry.blogspot.com/2008/12/why-detroit-has-especially-bad-union.htmlビッグ3のUAWとの団体交渉協定による電話帳より分厚い組合就業規則の写真を見てください。この規則に基づいて組合員が権利を主張します。非常に能率を悪くします。南部に進出している外国企業は組合はありませんからこういう非能率な規則はないわけです。
 

« 国籍法改正の次 | トップページ | 年越「派遣村」は偽善と言う池田信夫ブログの感想 »

アメリカ研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南部に希望がもてます:

« 国籍法改正の次 | トップページ | 年越「派遣村」は偽善と言う池田信夫ブログの感想 »

最近の記事

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31