公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 感想  滝沢聿代 「民法改正要綱試案の問題点(上)」(1) | トップページ | オープンショップ運動・レイバーインジャンクション・ウェルフェアキャピタリズム1920年代黄金時代の意義(1) »

2009/02/21

やっぱりウォルマートは偉大だ 増収増益で絶好調

 日本チェーンストア協会が1月22日に発表した08年のスーパー売上高(既存店ベース)は、0.7%減と12年連続の前年割れだった。一方、新規店も含めた売上高は、前年比5.0%減の13兆2753億円。http://www.asahi.com/special/08017/TKY200901220241.html と報道され、消費低迷が伝えられてますが、この金融危機にもかかわらずウォルマートの2008年度 売上高は4,012億ドルで前年比7.2%増、最終利益高は134億ドルで5.5%増、国内既存店成長率は3.3%増、http://retailweb.net/2009/02/post_574.html(鈴木敏仁の米国流通情報サイト)
http://mjperry.blogspot.com/2009/02/wal-marts-global-sales-top-400-billion.html(ペリー教授のブログ)
 やっぱりウォルマートは偉大です。組合不在企業で顧客第一主義、ポストモダニカルマネージメントを私は推奨します。

« 感想  滝沢聿代 「民法改正要綱試案の問題点(上)」(1) | トップページ | オープンショップ運動・レイバーインジャンクション・ウェルフェアキャピタリズム1920年代黄金時代の意義(1) »

アメリカ研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: やっぱりウォルマートは偉大だ 増収増益で絶好調:

« 感想  滝沢聿代 「民法改正要綱試案の問題点(上)」(1) | トップページ | オープンショップ運動・レイバーインジャンクション・ウェルフェアキャピタリズム1920年代黄金時代の意義(1) »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

世界旅行・建築