公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 日記 入手資料等整理1 | トップページ | 林=プレスコット説に思う(2)ドイツに倣う政策はろくなものがない »

2009/05/05

日記 入手資料整理2

◎9007 有泉亨 「物語労働法第12話ボイコット2」『法学セミナー』190 1971
9008 松田裕之「1920年代アメリカにおける労使関係の一動向」『労働問題研究』20号 1985
◎9009有泉亨「第13話寛容から助成へ-不当労働行為」『法学セミナー』191号1971
◎9010有泉亨「労働組合の不当労働行為・助成から規制へ」『法学セミナー』195号1972
△9011田中和雄「書評中央大学企業研究所編『「日本的経営」の再検討』」『経営研究』45巻1号 1994
9012伊藤健市『導入する企業が増え続ける年俸制とは」『税経セミナー』48巻9号 2003
9013辻秀典「アメリカの公共部門ストライキ理論」『法律時報』61巻11号 1989
9014平尾武久「労務管理発展史論の方法に関する一考察・1920年代アメリカ労務管理と労資関係」『経営論集』34巻3・4号 1987
9015竹林信一「テーラーシステムと鉄鋼産業」『甲南経営研究』14巻7号 1973
◎9016竹林信一「タフトハートレー法への道」『甲南経営研究』24巻2号 1983
9017井上英夫「タフト・ハートレイ法全国緊急事態条項の機能とその問題点 (公共部門におけるストライキ権の比較法的研究)」『比較法学』10(1) [1975.06]
◎9018「  タフト・ハートレー法の特徴について (現代経営管理の研究)」『甲南経営研究』26(1・2) [1986.03]
9019竹林信一「アメリカ労使関係の史的考察-4完」『甲南経営研究』12巻4号 1972
◎9020外尾 健一「タフト・ハートレー法下のユニオン・ショップ制 (磯田進教授還暦記念号)」『社會科學研究』   26(3・4) [1975.02]
○9021伊藤健市「アメリカ人の働き方は変化したのか(2)ピーター・キャペリ著『キャリア型の仕事は消滅した』」」
9022伊藤健市「大恐慌期の特別協議委員会--その雇用政策とくにワークシェアリングへの対応を中心に」『関西大学商学論集』45(3) [2000.8]
9023松井茂記「実体的デュー・プロセス理論の再検討」『阪大法学』141・142号 1987
9024辻秀典「カリフォルニア州における公共部門ストライキ権判例理論の展開-1-」『広島法学』16(4) [1993.03]
9025 Sanford M. Jacoby   伊藤 健市翻訳 「アメリカ人の働き方は変化したのか サンフォード・M・ジャコービィ著『返答:消滅との報告は時期尚早である』」『関西大学商学論集』49(2) [2004.6]
9026木南敦「合衆国憲法の執行権の理解とニューディール」『アメリカ法』1997-1
9027小島基男「1920年代のアメリカ鉄道業における労働問題-1926年鉄道労働法の成立-」『経済と経営』21巻3号 1991
9028竹林信一「アメリカ労使関係の史的考察-3-」『甲南経営研究』11巻2号 1970
◎9029有泉亨「物語労働法第20話ショップ制の問題点」『法学セミナー』203号 1972
【重要】9030有泉亨「物語労働法第11話レイバー・インジャンクション(2)『法学セミナー』188号 1971
9031竹田有「郊外化とアメリカ中産階級 (都市と郊外<特集>)」『アメリカ研究』1971
9032中島醸「アメリカ全国労働関係法とニューディール・リベラル派-立法過程における対抗関係-」『一橋社会科学』3号 2007
9033成瀬龍夫「独占資本主義と国民生活様式--1920年代における『アメリカ的生活様式』の成立とその意義   『彦根論叢』(通号 231) [1985.03]

平均週当たり労働時間 1909 52.7
           1919 47.8
           1923 47.3
           1929 45.7
           1932 38.2
           1939 37.6
           
9034 森川 章「デュポン社における初期ニューディール労働政策への対応--従業員代表制の全社的導入」『名城論叢』   8(3) [2007.11]8巻3号2007
◎9035竹林信一「アメリカ労働総同盟とクレイトン法」『甲南経営研究』  18巻2号1977

« 日記 入手資料等整理1 | トップページ | 林=プレスコット説に思う(2)ドイツに倣う政策はろくなものがない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント


相手の女がテクニシャンすぎて即イキしちゃったわwwww
でも一回は一回だからな! キッチリ諭吉いただきましたwww
てか女も「かわいい」って笑ってたし、別に俺は悪くないよなー?

http://paipai.krieh.com/eFWW6d1/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日記 入手資料整理2:

« 日記 入手資料等整理1 | トップページ | 林=プレスコット説に思う(2)ドイツに倣う政策はろくなものがない »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築