公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« GDP成長率戦後最大の減少どこ吹く風、都職員は勤務時間内職場離脱集会で夏季一時金一部凍結反対闘争 | トップページ | カード アメリカ鉄鋼業3 »

2009/05/24

日記 入手資料整理5

9057 有泉亨「争議権の法認-1-(物語労働法-4-)」『法学セミナー』(通号 173) [1970.07.00] ) 
9058 有泉 亨「争議権の法認-2-(物語労働法-5-) 」 『法学セミナー』 (通号 174) [1970.08.00]   
9059岡田与好『経済的自由主義』東京大学出版会1987
9060岡田与好『独占と営業の自由 : ひとつの論争的研究』木鐸社1975
9061鈴木隆「イギリス労使関係改革立法と労働組合改革」『島大法学』39(3)1995
9062上林 千恵子(カンバヤシ チエコ)「イギリス公共部門の民営化と労使関係」 『労働調査 』 (通号 416) [2004.1]
9063  竹内 治彦 「賃金協約を柱としたコーポラティズムは行き詰まるのか?--ドイツの労働事情」『労働調査 』 (通号 416) [2004.1]
9064高橋克嘉『イギリス労使関係の変貌』日本評論社1987
9065長渕満男「イギリスにおける二次的争議行為の規制」『甲南法学』26-1 
9065  野間 賢 「争議中の組合活動と施設管理権--ミツミ電機事件・東京高裁判決(昭63.3.31)の研究」『労働法律旬報』  (通号 1210) [1989.02.25]
9066小林英夫 『アメリカ労働史論-ウィスコンシン学派の歴史』関西大学出版部1988
9067黒川勝利『企業社会とアメリカ労働者 1900年-1920年』岡山大学経済学部1988
9068木内隆司『アメリカ労働組合の法構造研究-労働組合の機能と組合民主主義』 和歌山大学研究叢書刊行委員会 1988
9069◎野村勝法 労働判例と実務「(2)使用者の施設管理権と企業施設内組合活動[長崎地裁平成18.11.16判決] 『 人事実務 』  44(1019) [2007.8.1・15] 
9070 『現代アメリカ労働運動史-ニュ-ディ-ルからタフト・ハ-トレイ法まで-』日刊労働通信社1964
9071宮里邦雄「組合バッジ着用による一時金減額と不当労働行為の成否」『労働法律旬報』通号1383号1996-5-10
9071「労働判例東海旅客鉄道(新幹線)事件東京地裁判決(平七・一二・一四)『労働法律旬報』通号1383号1996-5-10
9072辻村 昌昭「施設管理権および照会票による組合員調査と支配介入--オリエンタルモーター事件・最高裁第2小法廷判決(平成7.9.8)の研究〔含 判決文〕『労働法律旬報』通号1383号1996-5-10
9073  施設管理権,チェック・オフ(最判平成1,12.11)済生会事件 『 労働法学研究会報』41(8)1990
9074 大内 伸哉 「企業施設を利用した組合集会に対する使用者の施設管理権の行使と支配介入--池上通信機事件(最判昭和63.7.19)(労働判例研究-747-)」 『ジュリスト』  (通号 988) [1991.10.15] 
9075 『ストライキ! アメリカの大衆ラジカリズム』ジェレミー・ブレッヒャー著戸塚秀夫・桜井弘子訳晶文社1980
9076 橋本 基弘 「公共施設管理権と集会規制」『法学新報』103(2・3) [1997.03]
◎9077 平尾武久『アメリカ労務管理の史的構造  アメリカ鉄鋼業を中心として』 千倉書房1984

« GDP成長率戦後最大の減少どこ吹く風、都職員は勤務時間内職場離脱集会で夏季一時金一部凍結反対闘争 | トップページ | カード アメリカ鉄鋼業3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日記 入手資料整理5:

« GDP成長率戦後最大の減少どこ吹く風、都職員は勤務時間内職場離脱集会で夏季一時金一部凍結反対闘争 | トップページ | カード アメリカ鉄鋼業3 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築