公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

州公務員団体交渉制度オーバーホールの動き-注目州

日本語 検索・ポータルサイト

合衆国-労働サイト(アンチ・ユニオン系・その他)

合衆国-連邦政府行政

合衆国-州政治

Reference Sites

« リスクの大きい民主党マニフェスト | トップページ | カード 平和第一交通事件・福岡地裁判決平3・1・16その3 »

2009/07/29

女子法定婚姻適齢16歳より18歳引上げ絶対反対

法制審議会が選挙年齢、民法の成人年齢…「18歳が適当」との結論に達したというニュースが出てます。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090729-00000107-mai-sociそもそも成人年齢18歳の引き下げは徴兵制で若者が国のために貢献することを前提したもので徴兵制のない我が国にはなじまない。成人年齢の引き下げに反対だが、併せて女子婚姻適齢引き上げを求めていることに強く反対する。
 主要国と比較してみるとイギリスが男女とも16歳が法定婚姻適齢である(正確にはイングランドが16~17歳は親の同意要、スコットランドは親の同意も不要)。ドイツは成年である18歳を基準とするが、未成年者においても配偶者が成年であるという条件で16歳以上で婚姻の可能性を開いている。つまり男女を問わず結婚相手18歳以上なら16歳の婚姻を可としている。16-16はダメだが、18-16なら良いというものです。フランスは男18歳、女15歳(例外規定もある)であるが、それが差別だとは論じられていないとする。
 アメリカ合衆国は、50州及びDistrict of Columbia and Puerto Ricoの法定婚姻適齢については、コーネル大学ロースクールLIIのMarriage lawsのサイトを見てくださいhttp://topics.law.cornell.edu/wex/table_marriage。各州の婚姻適齢の一覧表があります。
 1970年以前は18-16のケースが多かったのですが、アメリカでは古くから統一州法全国委員会が主体となって統一州法というものが幾つかあるが、婚姻法についても一定の方向性を打ち出ししている。これは拘束力はないが、男女とも16歳を婚姻適齢とし、18歳は親の同意を得ないで結婚できる年齢とするもので、16歳未満についても裁判所の許可で婚姻が可能なモデルで、各州で70年代以降部分的に採用されてます。従って、多くの州で男女とも基準を同一にする州が多くなりました。不成立でしたが男女同権条項は35州が批准していることもあります。その場合でも、統一州法のモデルどおり男女とも16歳を法定婚姻適齢の基準としている州が圧倒的に多い。私が数えたところでは50州のうち41州は16歳女子は文句なしに婚姻適齢とされています。17歳、18歳を基準とする州でも例外規定があるケースが多い。さらに16歳未満でも例外規定で裁判所の許可により結婚可能としている州が結構多く、男女差をなくす場合でも、16歳、17歳の結婚の可能性を否定することにはなっていないんです。
 要するに米英独仏いずれも女子は16歳で結婚できます。結婚できなくするというのは間違いです。
 詩人ミルトンの初婚の女性メアリー・バウエルは16歳です。超絶主義思想家エマソンの初婚の女性は17歳、植民地時代アメリカの宗教指導者の一人コトン・マザーの初婚の女性16歳、黒人解放の先駆、偉大少数意見裁判官ハーラン合衆国最高裁判事は旅先で出会った16歳の女性に求婚し2年後に結婚しているように、理想主義者は16~17歳の美女が大好きです。私もそうだ。16~17歳が女性が一番美しいのであって求婚できないようでは人生にロマンもなくなる。

 参考 http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/49362/48533/56655863?page=1 

 この意見と同文を自民党にメールしましたが、これからも反対をやっていきます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ

« リスクの大きい民主党マニフェスト | トップページ | カード 平和第一交通事件・福岡地裁判決平3・1・16その3 »

反フェミニズム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48533/45778836

この記事へのトラックバック一覧です: 女子法定婚姻適齢16歳より18歳引上げ絶対反対:

« リスクの大きい民主党マニフェスト | トップページ | カード 平和第一交通事件・福岡地裁判決平3・1・16その3 »

最近のトラックバック

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

世界旅行・建築

シンクタンクその他

リポジトリ及び電子化した研究紀要等のリンク