公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 新味のない顔ぶれで反発買うだろう | トップページ | 千葉景子法相 人権侵害救済機関設置、個人通報制度の選択議定書批准を明言 »

2009/09/17

無投票当選中央執行委員の選挙遊説不愉快だ

本日9月17日、職場(東京都水道局)において、昨日の全水道東水労中央執行委員の立候補受付締切をもって無投票当選が決まった中執が、無投票当選ではありますが立候補の抱負等について演説を行った。14時42分より分会長の司会で始まり、10~11分ほどのものであったが、声を張り上げるために、騒音となり、業務に集中できない敵対的職場環境となった、もちろん私がもっとも嫌悪するのは外部からのオルグ演説であり、違法行為を煽る性格ののですが、この騒々しさと不愉快さはない相当に血圧があがった。所長は不在だったがこんなものを認めていては到底
「職場環境を適正良好に保持し規律のある業務の運営態勢を確保」されているものではない。
まず民主党政権誕生で自治労の仲間も入っております云々としゃべり、競争社会になってな助け合いの精神がなくなっている。例えばオバマの医療保険制度改革に反対する米国民を激しく非難し、民間保険に入っているからいらないとか言っているのは相互扶助の精神がない。そういう社会になってはならないなどと言い要するに、米国の保守系、共和党系市民の批判するくだらない話と、関連して、ある組合員から感謝された話として、職場の異臭が原因で出勤拒否し、病気休暇をとっていた職員を親身に聞き当局の対応を批判して立ち直らせたみたいなくだららない自慢話をひとくさりして本当不愉快だった。
ところで、組合役員選挙ポスターであるが所長は組合から話しがあれば、組合掲示板以外の通常はなにも貼っていないスペースを便宜供与することは長年の慣行としてあるから許可せざるをえないとしていたものの、掲示板に貼り付けてあった。理由は不明だが、この職場の前例はよくわからないが、もし、貼ってあったら、掲示物許可手続き、掲示物許可基準が不明なままに勝手に管理職が判断していることを問題視し、相当血圧があがるところだった。
そのポスターというのがA4くらの紙なんですが、全く同じフォーマットで「格差拡大 行革・経営形態見直し反対 改憲阻止 反戦・平和運動云々」と全く同じスローガンで一致している。そういう人たちが無投票で決まるだけですから、民主的な過程が全くない組織で、むろん多くの職員の利益を代表しているわけではなく、労働組合の本質は職員の働き方を能率のわるいものに統制し、競争的でない賃金体系で管理するうえに組合費を収奪するということでしょう。
 組合が競争反対というから主任試験も受け手はいけない雰囲気の職場で個別管理やヒューマンリソースマネージメントならもっと伸びる人は抑えられてしまっている。

« 新味のない顔ぶれで反発買うだろう | トップページ | 千葉景子法相 人権侵害救済機関設置、個人通報制度の選択議定書批准を明言 »

東京都労務管理批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 無投票当選中央執行委員の選挙遊説不愉快だ:

« 新味のない顔ぶれで反発買うだろう | トップページ | 千葉景子法相 人権侵害救済機関設置、個人通報制度の選択議定書批准を明言 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

世界旅行・建築