公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 入手資料整理13 | トップページ | 入手資料整理14 »

2009/09/08

岡田克也と岡崎トミ子が旗を振る温室効果ガス25%削減なんてろくなもんじゃない

「朝日地球環境フォーラム2009」で鳩山由紀夫はマニフェストどおり温室効果ガス2020年までに1990年比25%削減を表明したというニュースを読みました。http://www.asahi.com/politics/update/0907/TKY200909070322.html?ref=reca8日の朝日朝刊ですが、旗振り役は岡田克也と「次の内閣」環境相の岡崎トミ子、両人がIPCCのバチャウリ議長と面会し、鳩山外交の地ならしをしたと書かれてます。
岡田は堅物でワリカン主義を変えないことで有名ですが、25%で突っ走るらしい。柔軟性のない政治家は厄介だ。麻生政権の90年比8%ですら反対ですから、別に財界でも労働組合でなくても反対ですよ。エコの偽善に辟易している。職場では通達では官庁は暖房19度でなければいけないことになってるのに24度、25度は高い過ぎるとひと言っただけでコテンパンに叩かれますから。冷房は最強で23.5度は寒いと言って冷房を最強にする男を非難し勤務時間内にほぼ毎日20分以上浴室に入るのは規律違反じゃないかと言ったら、逆に自分が転勤させられ昇給停止にもなった。省エネやエコのためにコンプライアンスと言っても全然通じないのだから、25%なんて無理。
 経済産業省の試算では、25%削減で10年間で190兆円の費用がかかるうえ、粗鋼生産量を現行から18%削減するほか、セメント生産量を25%削減、自動車交通量も23%削減する必要があり、これを達成するには週2日規模で「ノーカーデー」を設けることなどの経済統制が必要と言われているhttp://sankei.jp.msn.com/life/environment/090825/env0908250130000-n1.htmこれではエコ全体主義だ。
 先週のニューズウィークでは既に手遅れとも書かれていたが、時間が経過すればエントロピーは増大するし、時間の経過とともにY染色体が劣化して行くように、資源が枯渇していっても環境が多少変化してもやむをえないことだと思う。神のように人間が地球環境を更新しようとするのは傲慢な考えだし、そのような経済統制社会は明るくない

« 入手資料整理13 | トップページ | 入手資料整理14 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 入手資料整理13 | トップページ | 入手資料整理14 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築