公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 本日は2割動員集会 | トップページ | WILL12月号小林よしのり「廃太子論」反論は不愉快だし非論理的 »

2009/10/31

入手資料整理27

3012保坂佳男「考課関係文書の申送について」『史聚』24、1989-12
    増尾伸一郎「孝子〈衣縫造金継女〉伝承考」
3014細谷勘資「日野流藤原氏の形成過程」『史聚』23号、1988
3013根本隆一「式部省の成立について」(『駒澤大学史学論集』25、1995/4)
3015高橋崇『律令官人給与制の研究』1970
3016坂本賞三「院政と摂関政治」『史学論集』24
3017寺内浩「受領考課制度の成立と展開」『史林』75-2、1992
3018元木泰夫「平安後期の侍所について-摂関家を中心に-」『史林』64-4 1981-7
3021日本教育新聞2002-1-18
    7教委-新勤評を検討、大分県立高校の自己評価、管理職人事に新しい波
3022週刊労働ニュース2002-1-28
3023週刊労働ニュース2002-1-21
3024週刊労働ニュース2002-1-14
3025日本教育新聞テスト雇用に補助金
3026海外労働情報2001-1
3028渡邊孝「中唐期における「門閥」貴族官僚の動向」『柳田節子先生古稀記念-中国の伝統社会と家族』
3029谷川道雄「武后末年より玄宗朝初年における政争について」『東洋史研究』14-4
3030渡邊孝「牛李の党争研究の現状と展望」『史境』29
3031久木幸男『大学寮と古代儒教』1968
3032松浦典弘「唐代の文官人事」『史林』80-2
3033西尾和美「日本中世における家族と家族イデオロギー」『
3034任大煕「唐代太宗・高宗朝の政治史への一視角」『茨城大学人文学部紀要(人文)』22、1989
3035安原功「中世成立期の権力関係」『ヒストリア』145
3036倉本一宏「議政官組織の構成原理」『史学雑誌』93-4
3037鳥谷弘昭「唐代の出身について」立正史学85
3038福島正樹「財政文書からみた中世国家の成立』『中世成立期の政治文化』1999東京堂出版 十世紀研究会
3039鳥谷弘昭「唐代の吏部南曹について」『立正史学』65、1989
3040佐々木宗雄「十~十一世紀の政務執行と王権」『史学雑誌』99-6、1990
3041佐々木宗雄「王朝国家の政治構造の成立過程」『日本歴史』533、1992
3042佐々木宗雄「摂政制・関白制の成立」『日本歴史』610、1999
3043美川圭「寺社問題からみる院政の成立」『古代・中世の政治と文化』思文閣1994
3044大隅清陽「弁官の変質と律令太政官制」『史学雑誌』100-11
3045井原今朝男「中世の天皇・摂関・院」『史学雑誌』100-8
3046佐々木宗雄「摂政・関白制の成立」『日本歴史』610
3047佐々木宗雄「内裏・太政官一体型政務の成立」『史学雑誌』108-10
3048岡村幸子「官奏の系譜」108-12
3049書評 村井章介 佐藤進一『日本の中世国家』
3050山崎雅稔「貞観五年神泉苑御霊会の政治史的意義-文室宮田麻呂の慰撫を中心にー」『中世成立期の政治文化』1999東京堂出版 十世紀研究会
3051佐々木宗雄『日本王朝国家論』名著出版1994
3052北条秀樹「文書行政から見たる国司受領化」『史学雑誌』84-6、1975
3053橋本義彦「官務家小槻氏の成立とその性格」
3054詫間直樹「一国平均役の成立について」坂本賞三編『王朝国家国政史の研究』吉川弘文館1987
3055桃裕行『上代学制の研究』1947

« 本日は2割動員集会 | トップページ | WILL12月号小林よしのり「廃太子論」反論は不愉快だし非論理的 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入手資料整理27:

« 本日は2割動員集会 | トップページ | WILL12月号小林よしのり「廃太子論」反論は不愉快だし非論理的 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界旅行・建築