公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 入手資料整理23 | トップページ | Yahooの意識調査では夫婦別姓は反対が過半数 »

2009/10/09

東京都水道局 頭上行為 職場離脱闘争の呼びかけ

 本日、私の職場において勤務時間中16時25分頃まで事務室内でビラ配りが行われた後、16時32分より6分間の全水道東水労の頭上報告がありました。これは日常茶飯事のことですが、内容は、人事委員会のマイナス勧告云々で、今後続々と大衆闘争(勤務時間内敷地内での決起集会)の予定があるので動員の「協力をお願いします」との内容でした。要するに職場離脱の指令ですが、当局は3割動員以上を「違法集会」としているようでずが、形式的な中止の申し入れをするだけであって、解散命令も監視もしない、敷地内での拡声器使用、車両乗り込み、横断幕、赤旗、幟、ハチマキ、ゼッケンもすべて容認され、庁舎内に隊列をなして入ることもあるということは既に述べたとおりです。これは職場環境を適正良好に保持し規律のある業務の運営態勢をとる責任を放棄しているに等しい。 なお、今の職場は今年から勤務してますが、管理職が演説者に賃金カットを通告してます。これは初めて見ました。ただ就業命令は発出してないから、非常に甘い対応です。組合は高額の組合費を収奪し、役員には補填されるわけで賃金カットは痛くありません。命令不服従で戒告されることもないわけですから。
 動員される人も組合の監視がついていて、決起集会に連れて行かれることになります。
組合の中執、支部長は局長・部長級、分会長・分会書記長は課長級みたいなもので威張ってます。東京都水道局の社風は管理職と組合が結託して争議行為を遂行していくところにあります。実際、ビラが目立つとこに貼られていても、職務に影響するとか苦情をいうことがまちがいだ。心を改めるようにと部長級からいわれたことがあります。事実上の間接管理、一般職員は組合に率いられ、仕事の進め方など職務統制に従うというものです。組合に柔順なのが良い職員とされるものです。

« 入手資料整理23 | トップページ | Yahooの意識調査では夫婦別姓は反対が過半数 »

東京都労務管理批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京都水道局 頭上行為 職場離脱闘争の呼びかけ:

« 入手資料整理23 | トップページ | Yahooの意識調査では夫婦別姓は反対が過半数 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

世界旅行・建築