公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 椿葉記の趣旨を重んじることが肝要ではないか | トップページ | 池田信夫が事業仕分けを「人民裁判」茶番劇と酷評 »

2009/11/12

国旗掲出なし

 本日は御即位20年で式典があったのに私の職場である東京都水道局の出先は、国旗掲出なし。よそは知らないが少なくとも自分の職場はなかった。私は下っ端だからに直接かかわったことはないが、水道局施設には国際水フォーラムのの関係で皇太子殿下の行啓など近年もしばしばあるように、ゆかりもあるのに、尊崇の念なんて全くないわけですよ。
 九年前の香淳皇后斂葬の儀の日(平成12年7月25日)も弔旗掲出なし、それどころか労働組合役員が仕切って勤務時間内に天皇制反対と、黙祷もさせない方針を演説、その間、管理職は職場を離脱し、要するにしめしあわせて、管理職はアジ演説をみないことにして責任を逃れようとする、非常に汚い身の処し方である。
 
 

« 椿葉記の趣旨を重んじることが肝要ではないか | トップページ | 池田信夫が事業仕分けを「人民裁判」茶番劇と酷評 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国旗掲出なし:

« 椿葉記の趣旨を重んじることが肝要ではないか | トップページ | 池田信夫が事業仕分けを「人民裁判」茶番劇と酷評 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界旅行・建築