公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 団結否認権の確立Right to Work lawが必要だ 下書き1-(3) | トップページ | ストライキ時に非組合員の就労の権利を侵害しピケットラインの尊重の旨の指図をする上司への抗議と改善要望書 »

2009/12/14

「騎馬民族征服説」を韓国で喋った小沢一郎氏

中央日報日本語版の【小沢氏来韓】「在日韓国人ら外国人地方参政権を現実化させる」
http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=123896&servcode=A00&sectcode=A00という記事を読みました。

 外国人参政権法案は「来年、国会で現実化されるだろう」とのことです。

「小沢一郎民主党幹事長は、古代から韓日が近い関係だという点を語り、東京大学考古歴史学者だった江上波夫教授から直接聞いた「騎馬民族日本征服説」を紹介した。「韓半島南部の地域権力者が海を渡って来て今の奈良県に政権を樹立したという」と語った。「この話をもっと強調すれば日本に帰れないから、これ以上強く話すことはできない」と話すと、聴衆から笑いが起こった。」

とありますが「騎馬民族征服説」は一時流行ったが、今日では歴史家の大勢は否定している。通説ではないものを事実上の「日本国王」とも呼ばれる政治家が軽々しく口に出すことはかなり問題がある。

« 団結否認権の確立Right to Work lawが必要だ 下書き1-(3) | トップページ | ストライキ時に非組合員の就労の権利を侵害しピケットラインの尊重の旨の指図をする上司への抗議と改善要望書 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「騎馬民族征服説」を韓国で喋った小沢一郎氏:

« 団結否認権の確立Right to Work lawが必要だ 下書き1-(3) | トップページ | ストライキ時に非組合員の就労の権利を侵害しピケットラインの尊重の旨の指図をする上司への抗議と改善要望書 »

最近のトラックバック

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

世界旅行・建築