公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 日比谷の普天間基地はいらない全国集会に6000人とか | トップページ | 産経がオバマの連邦最高裁批判に苦言と報道 »

2010/01/31

「傍論を重視するのは俗論」と園部逸夫が述べたという

 1月25日憲政記念館講堂にて開催された「永住外国人地方参政権に反対する国民集会」で登壇した百地章日本大学教授の動画がアップされてます。http://www.youtube.com/watch?v=15Mf3K_5BbU演説は憲法問題が中心で同教授『Will』2010年3月号掲載の論文「提唱者まで否定した外国人参政権」の一部のポイントだけ説明した内容だが、重要なことを言っている。
 外国人参政権は全面禁止説が通説であり、平成7年2月28日最高裁判所第三小法廷判決が外国人地方参政権を認めたというのも誤りであるという。同判決 http://www.courts.go.jp/search/jhsp0030?action_id=dspDetail&hanreiSrchKbn=02&hanreiNo=25633&hanreiKbn=01
の本論は外国人地方参政権を全面禁止説を取っていることは明らかとしている。つまり部分許容説では憲法九三条二項にいう「住民」に外国人も含まれるとするのだが、これは明確は否定している。ところが、傍論で本論と矛盾する部分的許容説が述べられたことから、これが一人歩きしてしまったとする。つまり

本論の要旨(全面禁止)

「そこで、憲法一五条一項にいう公務員を選定罷免する権利の保障が我が国に在留する外国人に対しても及ぶものと解すべきか否かについて考えると、憲法の右規定は、国民主権の原理に基づき、公務員の終局的任免権が国民に存することを表明したものにほかならないところ、主権が「日本国民」に存するものとする憲法前文及び一条の規定に照らせば、憲法の国民主権の原理における国民とは、日本国民すなわちわが国の国籍を有するものを意味する事は明らかである。そうとすれば、公務員を選定罷免する権利を保障した憲法一五条一項の規定は、権利の性質上日本国民のみをその対象とし、権利の保障は、わが国に在留する外国人には及ばないものと解するのが相当である。(中略) 地方公共団体が我が国の統治機構の不可欠の要素を成すものであることをも併せ考えると、憲法九三条二項にいう「住民」とは、地方公共団体の区域内に住所を有する日本国民を意味するものと解するのが相当であり、わが国に在留する外国人に対して、地方公共団体の長、その議会の議員等の選挙の権利を保障したものとはいうことはできない」

 傍論(部分的許容)
「憲法九三条二項は、我が国に在留する外国人に対して地方公共団体における選挙の権利を保障したものとはいえないが、憲法第八章の地方自治に関する規定は、民主主義社会における地方自治の重要性に鑑み、住民の日常生活に密接な関連を有する公共的事務は、その地方の住民の意思に基づきその区域の地方公共団体が処理するという政治形態を憲法上の制度として保障しようとする趣旨に出たものと解されるから、我が国に在留する外国人のうちでも永住者等であってその居住する区域の地方公共団体と特段に緊密な関係を持つに至ったと認められるものについて、その意思を日常生活に密接な関連を有する地方公共団体の公共的事務の処理に反映させるべく、法律をもって、地方公共団体の長、その議会の議員等に対する選挙権を付与する措置を講ずることは、憲法上禁止されているものではないと解するのが相当である」

 
 しかしながら、百地教授は部分的許容説の提唱者である長尾一紘中央大学教授が最近、違憲説に態度変更したことを明らかにしただけでなくhttp://sankei.jp.msn.com/region/kanto/tokyo/100125/tky1001251934011-n1.htm最高裁判決の傍論で部分的許容説を主導したと思える園部逸夫元最高裁判事が、最近になってこの「傍論」を重視することは「主観的な批評に過ぎず、判例の評価という点では、法の世界から離れた俗論である」(『日本自治体法務研究』第九号2007年夏)と批判していることも付け加えているように(『Will』2010年3月号からの孫引き)、部分許容説も提唱者らによって否定されていることから合憲説は破綻状況にあると説明している。百地氏は地味ではあるが、数少ない保守系憲法学者として実際に意味のある仕事をしているように思った。

 ところで野田佳彦財務副大臣は外国人地方参政権に反対と報道されているが、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100130-00001154-yom-pol帰化を簡略化すればよいとか言っている。しかし前記百地章『Will』記事が成り済まし帰化を問題視しているように簡略化は疑問である。アメリカでは上院議員になるには帰化して9年間なれない。下院議員は7年間である。ところが日本では民主党の白真勲参院議員は日本国籍を取得した平成15年の翌年に参院議員となっている。

« 日比谷の普天間基地はいらない全国集会に6000人とか | トップページ | 産経がオバマの連邦最高裁批判に苦言と報道 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

SAPIO (サピオ) 2/17号の『ゴーマニズム宣言』で
「外国人参政権」の恐ろしさが、詳しく描かれています。

漫画なので、一番インパクトがあってわかりやすいと思います。

これが少しでも広まれば、と思っているのですが…。

>これが少しでも広まれば、と思っているのですが

その漫画も読みましたが、小林よしのりは嫌いだ。

園部判事の「俗論」の意味は原典に当たられた方が良いかと。M教授の引用は正確でない可能性があります。

>M教授の引用は正確でない可能性があります。

ご指摘・忠告のとおりに思います。http://d.hatena.ne.jp/nns342/20100106/p1
の園田逸夫氏の原典の分析を読みましたが、「在留外国人のうちでも永住権者等に地方選挙権を付与する措置は憲法上禁止されていない」という部分を傍論とするのは間違いだと園田氏は述べているようです。
M教授を持ち上げすぎました。最高裁判例は現行制度が違憲でないと言ってるだけで、外国人参政権が全面的に違憲というのはあくまでも学説。結局は立法政策の問題と考えを改めます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「傍論を重視するのは俗論」と園部逸夫が述べたという:

» ナチスを見習ってはどうか? [愛国を考えるブログ]
タイトルを見たらびっくりするかもしれない。「こいつはユダヤ人を虐殺しろというのか?」と思ったことかもしれないがもちろんそんなことはない。外国人参政権におけることである。(もちろん虐殺とか、強制収容所とかの話しではない。) 外国人参政権に反対する人たちは..... [続きを読む]

» 現在日韓国人の由来-根拠を喪失した永住外国人地方参政権付与法案 [森羅万象の歴史家]
戦時中の徴用令によって日本に渡航し、昭和34年の時点で日本に残っていた朝鮮人は、当時登録されていた在日朝鮮人約61万人のうちわずか245人だったことが10日、分かった。自民党の高市早苗元沖縄・北方担当相の資料請求に対し、外務省が明らかにした。 これは、..... [続きを読む]

« 日比谷の普天間基地はいらない全国集会に6000人とか | トップページ | 産経がオバマの連邦最高裁批判に苦言と報道 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築