公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 本日も頭上報告 | トップページ | 仮り株親方の捨て身の造反投票という意外な展開 »

2010/02/03

本日は有明水再生センター遠制化反対赤旗署名が勤務時間中空いた席におかれる

きのう全水道東水労の頭上報告でも言っていた、赤旗の真ん中に檄と書かれ、その周囲に署名して、有明水再生センターの15日の3割動員集会に持っていく組合活動が始まった。
 事務室内に勤務時間中に空いた席に広げられている。上部に有明水再生センター遠制化反対!、真ん中に檄とあり、周囲に闘争支援の言葉と署名がされるのであるが、そもそも机のうえには業務に関係のないものをおくべきではないし、赤旗は目立ち、業務への集中を妨げる。私のように赤旗が嫌いな人間はなおさらだ。空席を組合活動に便宜供与することも問題だる
管理職には苦情を言ったが、どう対応するかはっきりしないというのも、東京都も東京都水道局も、施設管理権の問題について労働組合寄りの受忍義務説や違法性阻却説を明確に否定した、国労札幌地本ビラ貼り事件判決(最高裁第三小法廷昭和54・10・30『労働判例』329)の方針を打ち出してないわけです。つまり使用者の企業秩序定立権を前提として企業内組合は、企業の物的施設を組合活動の主要な場とせざるをえないなどという理由で、無許可の施設利用を受忍する必要はないということである。国労札幌地本ビラ貼り事件判決の趣旨からすれば職場環境を適正良好に保持し規律のある業務の運営態勢を確保するため、そういう場所に赤旗を置いておくことは許す必要はないわけです。
机の上は整頓しろということになっているがも赤旗は許すというのはおかしいわけですから、当局は明確に、受忍義務説や違法性阻却説はとらないことを宣言して、悪しき慣行をなくしていくことをしなければならないのに30年以上放置されているわけでありまます。
逆に、昨年の11月12日天皇陛下ご在位20周年と、12月25日の東京都の祝典の日になぜ国旗を掲出せず、管理職は休暇をとったのかと訊いた。そしたら、国旗掲出の指示はない。それ二級事業所までだ。(部長級のいない)三級事業所は掲出の指示はないから、さぼったわけではないとしていたが、要するに、労働組合が天皇制に反対し国旗掲出に反対するから、もめたくない。部長級のいる支所だけということなのだろう。これも非常におかしな話で、営業所がお客様対応の部署だから。むしろ国旗を掲げる必要があるはずで、一方で赤旗の檄文署名は事務所内・勤務時間内でも許し、国旗は掲げないというのは、これこそ企業秩序が定立していない状況なのである。

« 本日も頭上報告 | トップページ | 仮り株親方の捨て身の造反投票という意外な展開 »

東京都労務管理批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 本日も頭上報告 | トップページ | 仮り株親方の捨て身の造反投票という意外な展開 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

世界旅行・建築