公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)に関する意見-女子婚姻年齢18歳引上げ反対 | トップページ | 第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)に関する意見-強姦罪の見直し(非親告罪化、性交同意年齢の引上げ)に反対 »

2010/05/09

第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)に関する意見-選択的夫婦別姓導入に強く反対

内閣府男女共同参画局で国民の意見を募集しているので本日以下の文章を送信しました。
http://www.gender.go.jp/danjo-kaigi/kihon/sanjikeikaku/ikenboshu.html

14分野 国際規範の尊重と国際社会の「平等・開発・平和」への貢献に関する意見

女子差別撤廃委員会最終見解という外圧を利用して、選択的夫婦別姓導入に強く反対

 家庭は、相互に扶助協力義務を有する夫婦(民法752条)を中心として、未成年の子の監護養育(民法820条、877条1項)や、他の直系血族の第一次的扶養(民法877条1項)等が期待される親族共同生活の場として、重要な社会的基礎を構成するものである。国民感情及び社会的慣習を根拠として制定された民法750条は断乎維持されるべき。
ところで福島瑞穂男女共同参画担当大臣は1993年の榊原富士子・吉岡睦子・福島瑞穂『結婚が変わる・家族が変わる-家族法・戸籍法大改正のすすめ』日本評論社という著書のなかで、次のように主張している(72頁以下)。

○ 夫婦の同居・協力・扶助義務の規定もいらない(民法752条廃止)
○ 夫婦の日常の家事費用の連帯責任の廃止を(民法761条)
○ 老親介護は「嫁」のただ働きか( 日本的家制度における出嫁女の婚家帰属性を女性差別として非難)
 
 このように、伝統的な婚姻家族の破壊を意図してます。特に舅姑に仕えたくないと云う趣旨は伝統的婦人道徳に反し邪悪そのものと云える。夫婦別姓推進論者、フェミニストがやりたいのは
 
1 日本的家制度(出嫁女の婚家帰属性)という社会的慣習(社会構造)の否定(限嗣相続の家制度は少なくとも室町時代の公家に遡る慣行)婚家帰属性の標識としての夫婦同氏を否定。
2 律令国家以来の統治理念である儒教的家族道徳の全面的な否定、具体的には、賦役令の孝子・順孫・義夫・節婦の表旌総じていうと「孝義」とよばれる家族道徳、「戸令」七出・三不去の制、『女大学』にみられる生家の親より、舅・姑(婚家)に孝養をつくすべきとする婦人道徳の否定。節婦表旌は明治天皇の地方巡幸でもなされており、歴史的に一貫した婦人道徳である。  

私は婚入配偶者の婚家帰属性という社会構造に反する政策に反対であり、又、大宝令より1300年以上続いた道徳的教訓を棄て去るべきでないという観点から夫婦同氏を堅持すべきで民法750条改正に反対する

« 第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)に関する意見-女子婚姻年齢18歳引上げ反対 | トップページ | 第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)に関する意見-強姦罪の見直し(非親告罪化、性交同意年齢の引上げ)に反対 »

反フェミニズム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)に関する意見-女子婚姻年齢18歳引上げ反対 | トップページ | 第3次男女共同参画基本計画策定に向けて(中間整理)に関する意見-強姦罪の見直し(非親告罪化、性交同意年齢の引上げ)に反対 »

最近のトラックバック

2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

世界旅行・建築