意見具申 伏見宮御一流(旧皇族)男系男子を当主とする宮家を再興させるべき 伏見宮御一流の皇統上の格別の由緒について(その二)

公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 日本的経営とワークライフバランスが両立しないひとつの理由 | トップページ | 結構厳しいアメリカの家族医療休暇 »

2010/07/28

産経新聞が「国民をたばかる不意うち」と死刑執行を批判

 28日の死刑執行は、落選してもやめない千葉法相が予算委員会での追及をかわす政治パフォーマンスで「千葉氏の政治的都合のために便宜的に命を奪われたかのようだ」と死刑囚に同情する記事が書かれている。なるほど絶妙なタイミングではある。http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100728/plc1007282201023-n1.htm
 法相は死刑反対論者とみられていたのでこの豹変は不意うちのようだ。

« 日本的経営とワークライフバランスが両立しないひとつの理由 | トップページ | 結構厳しいアメリカの家族医療休暇 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 産経新聞が「国民をたばかる不意うち」と死刑執行を批判:

« 日本的経営とワークライフバランスが両立しないひとつの理由 | トップページ | 結構厳しいアメリカの家族医療休暇 »

最近の記事

最近のトラックバック

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31