公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 労使関係の団体主義から人的資源管理等の個別主義へのパラダイム変換の提案-アメリカにおける団体主義労使関係の衰退と非組合企業の隆盛(1) | トップページ | 労使関係の団体主義から人的資源管理等の個別主義へのパラダイム変換の提案-アメリカにおける団体主義労使関係の衰退と非組合企業の隆盛(2) »

2010/11/16

本日は自己申告の面談

 目標成果シートには何も言及ない、全てスルー、ほかでもそうであるが基本的に異動希望をきくだけのものに形骸化している。目標管理制度は全く機能してない。こちらは二の矢、三の矢を放つ予定と言ったが、不愉快であることを表明していた。事故扱い処理というのが組織的対応なのかをきいたが、個別的対応で組織的ではないとしていた。今日きいたところで初めて知ったのは、昨年スト予定時に、組合が所長に対し私を入室させないと言ったそうだ。ピケを通過させない指示により組合に同調しストに協力しているのは明らか。一方で所長は来客用入り口をピケを張らせないとしたが、通用口を事実上許可したかたちになっている。本庁についてもきいたが警備員がいるーので厳しいピケは張れないと言っていたが。詳細は不明である。セクハラアンケートの自由意見は要約したものを報告書に載せるだろうと言っていた。ただ事務局に命令してはいないと言った。10日は私に対して、でっち上げだなど言っていたが、記録もあるのでこの次は具体的に発言を示す予定。

« 労使関係の団体主義から人的資源管理等の個別主義へのパラダイム変換の提案-アメリカにおける団体主義労使関係の衰退と非組合企業の隆盛(1) | トップページ | 労使関係の団体主義から人的資源管理等の個別主義へのパラダイム変換の提案-アメリカにおける団体主義労使関係の衰退と非組合企業の隆盛(2) »

東京都労務管理批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 本日は自己申告の面談:

« 労使関係の団体主義から人的資源管理等の個別主義へのパラダイム変換の提案-アメリカにおける団体主義労使関係の衰退と非組合企業の隆盛(1) | トップページ | 労使関係の団体主義から人的資源管理等の個別主義へのパラダイム変換の提案-アメリカにおける団体主義労使関係の衰退と非組合企業の隆盛(2) »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

世界旅行・建築