公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 入手資料整理51 | トップページ | 団体交渉コレクティビズムから個別雇傭契約自由放任主義へパラダイム変換(下書き3) »

2011/01/30

入手資料整理52

9399 黒川勝利「1902年アメリカ無煙炭ストライキとその周辺」『岡山大学経済学会雑誌 』 17巻3-4号1986http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/metadata/42069

 9400黒川勝利「アメリカ革新主義時代の理解と労使関係研究―ニュー・レフト史学的理解およびニュー・レイバー史学的理解を手掛りに― 」 Industrial Relations in the Progressive Era of the United States 『岡山大学経済学会雑誌 』 19巻1号1987http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/Detail.e?id=4197520110120172822

9401黒川勝利「20世紀初頭アメリカ機械製造業労資関係についての予備的考察―いわゆるマレイ・ヒル協定の前後を中心に―」
Machinists and the National Metal Trades Association, 1900-1901 『岡山大学経済学会雑誌 』 18巻1号1986http://ousar.lib.okayama-u.ac.jp/Detail.e?id=4201420110121092205

9402大山信義「》Human Relations Approach《 の展開と思想史的意義」『北海道大学人文科学論集』11 1974http://hdl.handle.net/2115/34312
(この人は社会学者 アメリカ資本主義の展開-使える論文だ)

9403赤岡功「雛形交渉と産業別組合」『経済論叢』102巻2号 1968 http://hdl.handle.net/2433/133292 
9305赤岡功「企業と労働市場」『経済論叢』103巻6号 1969 http://hdl.handle.net/2433/133345
(1919年鉄鋼ストの敗北は、南部の黒人を3万人スト破りとして就労させたことだと言っている)

9306三浦隆之「USスチール設立時の創業利得 : ヴェブレンとヒルファディングの違い(中) : 企業所有の価値と機能(4)
『福岡大学商学論叢』 49(1)2004 http://ci.nii.ac.jp/naid/110000327419

« 入手資料整理51 | トップページ | 団体交渉コレクティビズムから個別雇傭契約自由放任主義へパラダイム変換(下書き3) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入手資料整理52:

« 入手資料整理51 | トップページ | 団体交渉コレクティビズムから個別雇傭契約自由放任主義へパラダイム変換(下書き3) »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

世界旅行・建築