公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 団体交渉コレクティビズムから個別雇傭契約自由放任主義へパラダイム変換(下書き2) | トップページ | 1月28日東京都水道局2時間スト中止について »

2011/01/27

一般職員は締め出すのに

 東京都水道局では28日の2時間ストを構えて、超過勤務拒否闘争を3日間(26~28日)やっていて、定時退庁時間で退庁させたりしてるが、一般職員は締め出すのに組合役員は連絡待機なのか交渉要員なのか知らないが、残ることが許されていて不公平だ。

 今私の勤務している職場はビラ貼りは枚数も少ないほうで、うっとうしいほどではないが、ひどい職場もあるのであるのである。だいたいビラをべたべた貼って闘争するのは、つぶれかかったタクシー会社とか三流企業のやることでイメージが悪い。25日の所長退庁後に7枚ほど蒲田分室廃止提案撤回だの、台東・文京営業所統合反対だの支部名義のビラが廊下に7枚ほど貼られたが、管理職が写真を撮って枚数を報告することになってるが、写真を撮ったところを見てないし、報告しているかも疑わしい。
 かつて品川営業所に勤務していたとき、2階で勤務時間中職場集会をやっていて、1階で離席して集会のために2階に上がった人などの人数を報告した所長が、慣行で離席者報告はしないことになっているのにけしからんと組合から糾弾されていたように、組合活動の実態も正しく把握しているかも疑問がある。
 いずれにせよ、施設管理権の問題は、国労札幌地本ビラ貼り事件判決(最高裁第三小法廷昭和54・10・30『労働判例』329)の線で企業秩序権を定立すべきだが、とっくに否定された、プロレーバー学説の受忍義務説を私に説いた管理職がいたように、東京都の管理職は総じて労働組合寄りである。知事選もあり、いい機会なので、東京都の労務管理の甘いいところを積極的に訴えていく予定である。

« 団体交渉コレクティビズムから個別雇傭契約自由放任主義へパラダイム変換(下書き2) | トップページ | 1月28日東京都水道局2時間スト中止について »

東京都労務管理批判」カテゴリの記事

コメント

証拠を残し、闘いましょう。

関西汽船も、子会社”関汽交通社”も嫌がらせだらけ、

関西汽船では、席の隔離・仕事の取り上げ・・・

関汽交通社においては、書類を盗む・私物を盗む

電話の盗聴・虚偽の業務連絡・嘘とホラ・・

仕事の妨害・正確な業務知識すらない社員。

嫌がらせに対応しながら生き残ろう!。

元力士でさえ高校野球賭博で逮捕されているのに

勤務中に高校野球賭博を行う社員に

注意もしない上司、逆に博打を強要しる

元執行委員長、信じられない会社

関西汽船には未来が無い

お客さんのサービス低下ばかり。

i take a liking to it 一般職員は締め出すのに: 川西正彦の公共政策研究 after this im your rss reader

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一般職員は締め出すのに:

« 団体交渉コレクティビズムから個別雇傭契約自由放任主義へパラダイム変換(下書き2) | トップページ | 1月28日東京都水道局2時間スト中止について »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

世界旅行・建築