公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« ウォーカー知事、団体交渉制度を排除しなければ、最大6000人解雇の方針 | トップページ | ウィスコンシン州上院民主党議員は反労働組合法案議決ボイコットのため州外に逃げる »

2011/02/19

ウィスコンシン、オハイオの団体交渉廃止提案、我が国でも一斉に報道


  ウィスコンシン州ウォーカー知事が提案した、州公務員団体交渉権剥奪を含む財政修繕法案に反対する州職員や教職員のデモが州議事堂付近で繰り返され、17日には2万5千人規模にふくれあがり、州都マディソンは教員の欠勤で2日間休校になるただならぬ事態となっており、共同、時事、NHKなどが一斉に報道している。 ブログ「苺畑より」によると16日「組合は州の98000人に及ぶ教職組合員に、法案議決審議がされている首都への集結を促した。これに応じて公立学校の40%にも及ぶ教職員は病気を言い訳に仕事を休んでデモ行進に参加した。おかげでマディスン学校区では学校閉鎖を余儀なくされることとなった」という。http://biglizards.net/strawberryblog/archives/2011/02/post_1179.html

米ウィスコンシン州で職員がデモ―集団交渉権制限法案受け
http://jp.wsj.com/US/node_184885
米公務員の抗議活動、オハイオなど各州に広がる-団体交渉権制限法案
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=90920008&sid=aYuardCxmjlk
 NHK
http://www.nhk.or.jp/news/html/20110218/t10014152801000.html
  共同
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110218/amr11021812200005-n1.htm
合言葉は「エジプトの次はウィスコンシン」
http://wholekernel.blogspot.com/2011/02/blog-post.html#more

州都マディソンの人口は21万、都市圏でも50万程度で、2万5千人の動員力に驚く。しかし、2大雇用主となっているのはウィスコンシン州政府とウィスコンシン大学である。ウィスコンシン大学マディソン校は一流大学だが、ベトナム反戦運動の拠点であった。進歩主義的な気風の強い都市で、「中西部のバークレー」、保守派からは「マディソン人民共和国」と揶揄される土地柄という背景を考慮したい。
ウィスコンシン大学は労働運動、労働史学研究の拠点でもあり、1959年に全米50州で初めて州公務員の団体交渉権を獲得したのもそうした背景がある。
オハイオでは州都コロンバスの抗議活動は3800人程度で、他の地域でマディソン並に抗議活動が大きくなるとも考えにくいのである。
ウィスコンシンはブルーステートだが、労働組合組織率は2010年で14.2%に過ぎず、知事はティーパティーが推薦した共和党の保守派である。同性婚を禁止する憲法改正も採択された。従ってデモ=州民の平均的な世論なのではないと思う。
  団体交渉廃止を提案しているオハイオ州のジョン・ケイシッチ知事、ウィスコンシン州のスコット・ウォーカー知事、ニュージャージー州のクリス・クリスティー知事の政治は注目したいので、今後もニュースも追っていきたい

« ウォーカー知事、団体交渉制度を排除しなければ、最大6000人解雇の方針 | トップページ | ウィスコンシン州上院民主党議員は反労働組合法案議決ボイコットのため州外に逃げる »

アメリカ研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ウォーカー知事、団体交渉制度を排除しなければ、最大6000人解雇の方針 | トップページ | ウィスコンシン州上院民主党議員は反労働組合法案議決ボイコットのため州外に逃げる »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築