公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« コーク兄弟の功績 | トップページ | 連邦最高裁ウォルマート性差別訴訟を集団訴訟として認めない決定 »

2011/06/22

オバマ再選を阻止しなければならない一つの理由

 大統領が行う人事で連邦裁判所判事並に重要と思えるのが、全国労働関係局(NLRB)の局委員(任期5年5人)の任命である。8年間も居座れることの不都合がある。オバマ政権の全国労働関係委員会(NLRB)は組合代表選挙の日程をスピードアップさせると報じられている。http://www.openmarket.org/2011/06/21/another-union-handout-from-the-national-labor-relations-board-nlrb/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+Openmarketorg+%28OpenMarket.org%29タフト・ハートレー法で使用者側の対抗言論が認められてるので、使用者側が組合が組織される場合のデメリット、不都合を従業員に考えてもらう時間が短いほど、組合に有利である。

« コーク兄弟の功績 | トップページ | 連邦最高裁ウォルマート性差別訴訟を集団訴訟として認めない決定 »

アメリカ研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オバマ再選を阻止しなければならない一つの理由:

« コーク兄弟の功績 | トップページ | 連邦最高裁ウォルマート性差別訴訟を集団訴訟として認めない決定 »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

世界旅行・建築