公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 予算交渉に失敗しミネソタ州政府機関が閉鎖 | トップページ | 地デジはLGを購入 »

2011/07/03

入手資料整理58

*はネットでダウンロードできます。これは引用するときにコピペするためのリストで基本的に自分のためのもの。
9434*河内信幸「ニューディールの転換の転換と1937年恐慌」『アメリカ経済史研究 』第1号, 45-62, 2002

9435*林敏彦「デフレーションと大恐慌」大蔵省財政金融研究所フィナンシャル・レビュー」November-1997 http://www3.keizaireport.com/report.php/RID/90627/

9436*小林英夫 「書評ジェロルド・ウォルトマン『最低賃金の経済学』」『關西大學經済論集』 51(3) 2001(オープンアクセス)

9437*柳澤治「ナチス期ドイツにおける価格政策の展開」政經論叢 78(3-4) 2010  http://hdl.handle.net/10291/10971 

9438*宮崎信二「電話産業におけるニューディール型労使関係の形成--従業員代表制とNFTW(National Federation of Telephone Workers)を中心に」『立命館経済学』59(6) 2011年

1935年の全国労使関係法(ワグナー法)が団体交渉制や労働協約の締結を軸とした「敵対的労使関係」である「ニューディール型労使関係」の枠組みを作り出した。、しかし1980年代以降、「組合の組織率の低下」「非組合型労使関係」を前提とした「人的資源管理」にもとづく労資関係へと大きく変化した。
 「ニューディール型労使関係」と「非組合型労使関係」の中間にあるのが「会社組合」「従業員代表制」型である。1920年代のウェルフェアキャピタリズムの時期に好戦的な組合を嫌った経営者によって導入され、ニラ施行後の1933年からワグナー法に合憲判決が下された1937年頃までが全盛期である。
 日本的経営の特徴とされる企業別組合も、その時期の「会社組合」に似ているといわれる。

9439*宮崎信二「初期ニューディール期におけるAT&Tと労使関係(1933年〜1935年)--大恐慌・ニューディール期におけるAT&Tと労使関係(2)」『名城論叢』 8(4) 2008 

9440*小野政昭「エリサ法の成立と展開」2009年8月退職給付ビッグバン研究会2009年度年次総会

9441*浜田道代「会社法と独占禁止法の交錯」2009年12月18日CPRC第19回公開セミナーhttp://www.jftc.go.jp/cprc/seminar/19/notice.html

9442*村上昭夫「アメリカの判例におけるピケッティングの法的評価」『早稲田法学会誌』4 1953http://hdl.handle.net/2065/6221
9443*自治総合センター「地方税制度に関する調査研究地方税における法定目的税の活用方策に関する調査研究報告書」http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2001/00564/contents/00011.htm アメリカの租税概念、判例の要約は役に立つ

« 予算交渉に失敗しミネソタ州政府機関が閉鎖 | トップページ | 地デジはLGを購入 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入手資料整理58:

« 予算交渉に失敗しミネソタ州政府機関が閉鎖 | トップページ | 地デジはLGを購入 »

最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

世界旅行・建築