公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 受忍義務説を明確に排撃する庁舎内秩序(施設管理権)確立基本条例が必要だ(下書き1) | トップページ | ニコ生特番での茂木健一郎のウィンドウズ批判に思う »

2011/10/15

都庁の天下り批判報道と水道局の純利益報道

 
 『週刊ダイヤモンド』2011年10月15号特集「おいしい公務員」で、「国以上の伏魔殿東京都!天下り・わたり野放しの実態」という記事がある。発売中なので詳しくは引用しないが、東京都幹部職員で昨年7月までの約1年間の退職者が236人、そのうち79人が監理団体と報告法人に天下り、公益法人に44人、民間企業29人、再雇用、任用が55人で未就職者は1割強にすぎないという。定年退職後の生活に不安を抱く民間を尻目に悠々自適の生活が保障されていると批判されている。
 ただ一覧表に載っている役員報酬は思ったより少なかった。(株)東京水道サービスで992万円だからたいした年収ではない。20年前ぐらい前、昭和と平成の交の頃だが平の現業の職員でも年収1千万円は言っている人がいたからな。
  朝日新聞9月29日夕刊で「儲けすぎ?都水道局 それでも料金下げる気なし」という記事がある。http://www.asahi.com/national/update/0929/TKY201109290173.html http://d.hatena.ne.jp/asdkre/20110930/1317349085平成22年度決算548億円が純利益と報道している。はてなのコメントのみたが、好意的なコメントも少なくないのは驚いている。

« 受忍義務説を明確に排撃する庁舎内秩序(施設管理権)確立基本条例が必要だ(下書き1) | トップページ | ニコ生特番での茂木健一郎のウィンドウズ批判に思う »

東京都労務管理批判」カテゴリの記事

コメント

川西正彦 洗脳されすぎ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 都庁の天下り批判報道と水道局の純利益報道:

« 受忍義務説を明確に排撃する庁舎内秩序(施設管理権)確立基本条例が必要だ(下書き1) | トップページ | ニコ生特番での茂木健一郎のウィンドウズ批判に思う »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

世界旅行・建築