公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 入手資料整理68 | トップページ | 本日の頭上報告 »

2012/01/28

入手資料整理69

9629国鉄職員のリボン着用ー国鉄青函局事件 函館地裁昭47・5・19判決『労働関係民事裁判例集』23巻3号347頁 札幌高裁昭48・5・29判決『労働関係民事裁判例集』24巻3号257頁では
ホテルにおけるリボン闘争ー大成観光事件 東京都地労委昭47・9・19『不当労働行為事件命令集』47集348頁 東京地裁昭50・3・11『労働関係民事裁判例集』26巻2号125頁
腕章戦術の正当性の限界ー神田郵便局事件 東京地裁昭52・8・9判決『労働関係民事裁判例集』25巻3号236頁
ワッペンと不当労働行為の成否ー京都計算センター事件 中労委昭50・10・1命令『不当労働行為事件命令集』57集531頁
ハチマキ着用と賃金カットー沖縄全軍労事件 那覇地裁昭51・4・21判決『労働関係民事裁判例集』27巻2号228頁
国家公務員のリボン闘争と勤務成績ー建設省事件 東京地裁昭52・7・25判決『労働関係民事裁判例集』956号2頁『労働法学研究会報』 28(37) 1977
9630海渡雄一「ビラ貼りのための庁舎立ち入りと建造物侵入罪の成否--全逓釜石支部(大槌郵便局)事件(58.4.8)」『労働経済旬報』39 〔1985〕
9631竹下英男「ビラ貼りの法的評価と損害賠償ー動労甲府ビラ貼り事件をめぐってー」『ジュリスト』NO.595〔1975〕
9632山本吉人「リボン闘争の評価と処分問題--建設省事件判決を契機に」『労働法学研究会報』28(39) 1977
9633春田吉備彦「ストに伴うピケッティングの正当性と損害賠償請求--自治労・公共サービス清掃組合ほか(白井運輸)事件[東京地裁平成18.12.26判決] 『労働法学研究会報』50-54, 2007
9634全国一般労働組合長崎地本・支部(光仁会病院・組合旗事件)長崎地裁平18・11・16判決『労働判例』932号24頁『人事実務』NO.1018〔2007〕
9635角田邦重「リボン闘争・ビラ貼りー中川判決の法理と問題点ーホテル・オークラ事件・動労甲府事件」討論 籾井・角田・雪入・山本「企業内組合活動の自由と東京地裁労働部中川判決批判」『労働法律旬報』888号〔1975〕
※9636中村紘一「ル・シャプリエ法研究試論」『早稲田法学会誌』20巻1969〔ネット公開〕
9637松田保彦「アメリカにおける解雇制限」『判例タイムス』323
※9638佐藤時次郎「国労青函地本訓告処分無効確認損害賠償請求控訴事件-勤務時間中のリボン着用行為は職務専念義務等に違反」『大東法学』創刊号1974〔ネット公開〕
※9639小山賢一「シャーマン法の初期の事件」『Artes liberales』29号1981〔ネット公開〕
※9640折原卓美「合衆国初期反独占政策と州政府」『名城論叢』10巻2号2009〔ネット公開〕
※9641谷原修身「アメリカ合衆国における連邦主義と反トラスト法」『一橋論叢』95(2))1986
9642新版ハイエク全集第Ⅰ期7巻『自由の条件Ⅱ福祉国家における自由』春秋社1987第18章「労働組合と雇用」
9643下井隆史「労働組合のビラ貼り活動と民事上の責任ー動労甲府支部事件ー」『判例タイムズ』326
9644「労働と法 私の視点『ニューディール』を超えて」『労働法律旬報』1445〔1998〕
9645中川律「合衆国の公教育における政府の権限とその限界(1)1920年代の連邦最高裁判例Meyer判決とPierce判決に関する考察」『法学研究論集 ( 明治大学大学院 )』29号 2008

« 入手資料整理68 | トップページ | 本日の頭上報告 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 入手資料整理69:

« 入手資料整理68 | トップページ | 本日の頭上報告 »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

世界旅行・建築