公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 超優良企業米プロクターアンドギャンブル社5700人リストラ計画 | トップページ | 女性宮家ヒアリング 識者意見の疑問点 今谷明帝京大特任教授(第一回) »

2012/02/26

「平清盛」第八回の感想

  いずれドラマでやると思うが、藤原得子所生の皇子(体仁親王)は、崇徳后藤原聖子(関白忠通女)の猶子となって生後三ヶ月で皇太子に立てられた、これは得子が本来なら公式の配偶者としての女御に立てられることもありえない中級貴族出身であったことから、やはり摂関家の后が「国母」にふさわしいという(あるいは得子は皇太子と同輿できる家格でない)趣旨と同時に「弟宮」であっても「皇太子」とされたことにより崇徳天皇に配慮されたものされている。「皇太子」なら譲位後に院政をしく望みがあるから。
  ところが愚管抄によると、近衛への譲位の宣命が「皇太子」とあるべきところが「皇太弟」に書き換えられていた。崇徳は「こはいかに」と遺恨をあらわにしたとされている。「皇太弟」では新帝と対等の格となり院政をしく望みが絶たれたからである。
  この陰謀の黒幕については角田文衛によれば関白藤原忠通である。外戚として崇徳を支える立場にありながら、権力維持のために藤原得子サイドに擦り寄り、裏切ったと言う説である。
  しかし通説では黒幕は藤原得子(のちの美福門院)とされている。崇徳をないがしろにしたことが、後の保元の乱の災いの元としてこの時代を描くならば悪役は美福門院とするのがドラマとしてはわかりやすい。
  ところが、大河ドラマはそういう図式になっていない、主役が平清盛で保元の乱では美福門院に忠誠を誓う立場のためか、むしろ悪役が待賢門院という図式になっており不愉快である。
  崇徳は母后(待賢門院)名誉を傷つけるものとして、激怒され、藤原得子の親族と、鳥羽院近臣に厳しい勅処分を下したのである。  若くて純粋な天皇が、ドラマで描かれたように母后の悪口をあからさまにすることなど考えられないのである。
  唯物史観の石母田正が院政期は支配階級が最も腐敗していた時代みたいなことな書いているらしいが、それは一面的な見方で、単純な図式で語ることは今日では否定されている。
  むしろ院政期に形成された膨大な王家領荘園群が、その後数百年にわたって伝えられて、皇室や宮家の経済的基盤となったことを考えると、悪役にして描くのは良くない。
  つまり、主要な王家領荘園群としては長講堂領(後白河院所領)42ヵ国89ヵ所、法金剛院領(待賢門院の御願寺)、八条院領(鳥羽院と美福門院所領)約220カ所である。
  長講堂領・法金剛院領は持明院統の主要所領となり、八条院領が大覚寺統の主要所領となった。
  つまり長講堂領・法金剛院領等は伏見-後伏見-光厳-崇光と伝えられたが、伏見宮家の栄仁親王に伝えられるべきところ後小松により没収された。その後、播磨国衙領等が伏見宮家に還されたため、宮家の経済的基盤となったという経緯だが、つまり今日の皇室の祖系が崇光院流であり、つまり持明院統である。その経済的基盤は後白河とその母后待賢門院(藤原璋子)が蓄積した所領が基幹であった。。 
  右京区花園にある法金剛院は今日では小さな観光スポットにすぎないが、最盛期には九体阿弥陀堂、丈六阿弥陀堂、待賢門院の御所などが立ち並んび、壮観だった。法金剛院領は待賢門院所生の統子内親王(上西門院)に伝えられたわけだが、結局後白河院に相続された。待賢門院-後白河院系の荘園群が持明院統、鳥羽院-美福門院系の荘園が大覚寺統に相続されたということは、この時代の皇室の内紛が、時代は下って南北朝対立を予見するものになったと見方もできる。
 要するに待賢門院あっての今日の皇室であるから悪役は適切でない。
 
 
   

« 超優良企業米プロクターアンドギャンブル社5700人リストラ計画 | トップページ | 女性宮家ヒアリング 識者意見の疑問点 今谷明帝京大特任教授(第一回) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、こんにちわ
私は今から20年程前、26歳の時に都水道局某営業所に勤めていましたが、ふざけた組織体質が嫌いなので辞めました。後で知りましたが、その年には5人も若手が辞めていたそうです。
その後私はITバブルへ飛び込み、プログラマーの道へ辿り、現在に至ります。
 私は当時その村を1000人の村へ例えると。
・500人の怠慢営業所組合員と
・100人の他局移動の生真面目な営業所職員と
・350人の土木施設設備屋と
☆50人の本庁、在籍監査事務員というイメージです。

現在の局長は増子さんですね、アノ方は土木施設設備畑しかいないサラブレッドです。
実際の営業所長畑の方は、一度人格をリセットした方のみが成れます。
私は当時1類を主席で入都していたので、本庁も設備事務所も営業所も経験していましたので上層部の秘密計画も知っていました。
私も他人に仕事を押し付けて、良心の呵責に絶えられたのならば、
今時雇われ所長をしていたでしょう。
真実を言いますと。この八つ墓村のような組織には、埋蔵金があるが為に
ソレを産み出す組合員の存在が欠かせないのです。
それは、20年以上前から、条例作成を進めていた天下り計画です。
下層の職員が真面目だったら、PUCが設立できなかったのです・・・
もし貴方が叩きたい相手がいるのならば、近くにいる雑魚ボス(お人よし所長)ではなく、
大ボス(官僚政治犯)がこのゲームのシナリオです。
もはや、組合員の活動など大ボスからしてみれば、シナリオ なのです。
組合を更正させたいのならば、都知事が交代した後に天下りの撤廃を解明するしかないのです。そうすれば組合上層部は質全的に局側に見放され厳しい対応を受けるのですから。

http://goo.gl/1b31w

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「平清盛」第八回の感想:

« 超優良企業米プロクターアンドギャンブル社5700人リストラ計画 | トップページ | 女性宮家ヒアリング 識者意見の疑問点 今谷明帝京大特任教授(第一回) »

最近のトラックバック

2020年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

世界旅行・建築