公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 結構買いまくった「平清盛」関係本 | トップページ | 3月23日の都労連決起集会 »

2012/03/26

ビラ配りは黙認というより是認

23日が主任級以下一般職員の4月1日付定期異動の内示の日だったが、午後組合本部からのファックスが分会あてにあり、苦情はメールかファックスで本部へ報告をと書かれてあった。
 組合業務のファックス、メール利用についての労働協約というものは局内のイントラネットでも見当たらない。取り決めがあるのかもしれないし、ないのかもしれないが、いずれにせよ、ファックスやメールを組合業務で利用する前提でこの指示は流されている。
 業務以外でメール(ロータスノーツというグループウェア)を使っていはいけないということで、私が局長に上司による就労妨害や庁内管理規則の解釈の疑問点など意見具申ないし苦情を述べた時は、業務以外の利用であるから規則違反で非行であると取り調べを受けたのである。ところが、組合のファックスやメール利用は当然のごとく行われているというのは納得できるものではない。
 本日は、14時4分ごろ、組合分会書記長が、執務室内を回って、新聞の『全水道』3月10日号と「東水労ニュース」というビラを配っていたところ、所長が書記長を呼んで雑談に入り、内示の出た転勤者の有志主催の送別会をやるという話をきいて、会場とってるのかと聞き、決まったら呼んでくれだのと歓談していた。書記長は新聞とビラを手に持ってである。
 したがって、勤務時間中のビラ配りはしぶしぶ黙認しているというのではない。是認なのである。
 大阪では、3回職務命令に従わないとクビという厳しいことになっているが、そもそもこちらでは、正常な業務運営を阻害し、秩序を乱す行為でも、中止・解散命令はやらないのである。
 違反行為には警告書を交付し、従わない場合は訓告ということすらやらないから、馴れ合いの職場になっている。
 

« 結構買いまくった「平清盛」関係本 | トップページ | 3月23日の都労連決起集会 »

東京都労務管理批判」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ビラ配りは黙認というより是認:

« 結構買いまくった「平清盛」関係本 | トップページ | 3月23日の都労連決起集会 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

世界旅行・建築