公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« これはついていると思った | トップページ | 『平清盛』第13回の感想 »

2012/04/06

三万四千円のカンパって

 組合掲示板を見たら、四月四日付の振込の証明が貼ってあった。組合員は28人くらいしかいない小さな職場なのに、よく金を出すなあと思う。なお、三月二十八日のブログに書いた三万八千円
のカンパとは別。そちらのほうはなぜか、2011年11月の領収証だった。なぜ、11月の領収証が、3月下旬になって貼っているのか意味不明である。
 5日16時50分頃、東水労ニュースと新聞全水道ともう一つが配られいた。所長はいるが在席せず。
 西友で中国吉林米十合449円を購入。売れているという評判なので試しに食べてみることとする。東京都の管理職は年収一千万超だから中国米は食わないだろうが。
 帰りの電車に日経ヴェリタスを読んでいる客がいたが、稟議書みたいなハンコが押してあったから、会社で回覧しているやつだな。
 西友はウォルマート流のEDLP(エブリデーロープライス)を「毎日価格安く」と訳してる。最初は流通の用語の意味がわからない人が多かったが、最近はエブリデープライスの良さが浸透してきたようだ。我が国のスーパーは伝統的にハイローと言って、特売日を設定して、ちらしで宣伝して購買意欲をそそるやり方だが、価格の上げ下げで客を呼ぶよりも、いつでも安いというエブリデーロープライスの方がよっぽど良心的なのであって、特売の宣伝費に金をかけるくらいだったら、その分安くしてもらったほうが良い。
 流通評論家の鈴木敏仁のコラムによれば「日本にもEDLPを標榜するスーパーマーケット企業が増えてきてますが、基本はやはりハイローでして、ウォルマート型のEDLPを目指して実施している企業はほぼない」との厳しい指摘。http://retailweb.net/030/032/

« これはついていると思った | トップページ | 『平清盛』第13回の感想 »

東京都労務管理批判」カテゴリの記事

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三万四千円のカンパって:

« これはついていると思った | トップページ | 『平清盛』第13回の感想 »

最近のトラックバック

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

世界旅行・建築