公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« ウィスコンシン州リコール選ウォーカー勝利は公共部門労働組合の敗北を意味する | トップページ | カード 無許可組合集会 済生会中央病院事件(中労委-東京地裁-高裁-最高裁二小) »

2012/06/07

ウィスコンシン州リコール選挙の報道を見た感想

  リコール選は、大統領選にはさほど影響はないという見方がある。というのは今日の読売新聞によると出口調査ではオバマ支持が52%とされているからである。PBSとCBSイブニングニュースの録画を見たが、どちらかで出口調査によると知事は共和党でも大統領はオバマという人が10%くらいいると解説していた。したがってウィスコンシンはさほど期待してない。勝負はオハイオ、バージニア、ノースカロライナ、フロリダといった前回オバマが獲ったが、もともとブッシュで勝っていた州でロムニーが勝てるかということだろ。
 しかし、州の反労働組合政策を後押しする影響はあると分析されている、AP通信によると、ウィスコンシンで新しい州法が発効してから、州の2番目の労組、米国州・郡・市職員同盟は、州で、そのメンバーのほぼ半分を失っている。文書は2011年3月と2012年2月の間に、63577から34942からに低下したという。http://seattletimes.nwsource.com/html/politics/2018367799_apusrecallunions.htmlだからスコット・ウォーカーはユニオンバスターの英雄なのだ。
 6月5日の投票でもカリフォルニアのサンディエゴとサンノゼで公務員の年金改革が支持された。
 インディアナ州に続いて、労働権州に移行する州が出てくることを期待している。ミシガン州、ニューハンプシャー州などを注目している。

« ウィスコンシン州リコール選ウォーカー勝利は公共部門労働組合の敗北を意味する | トップページ | カード 無許可組合集会 済生会中央病院事件(中労委-東京地裁-高裁-最高裁二小) »

アメリカ研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィスコンシン州リコール選挙の報道を見た感想:

« ウィスコンシン州リコール選ウォーカー勝利は公共部門労働組合の敗北を意味する | トップページ | カード 無許可組合集会 済生会中央病院事件(中労委-東京地裁-高裁-最高裁二小) »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築