公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 不快な東京新聞社説 | トップページ | 入手資料整理91 »

2012/12/24

メモ-デジタル化資料

 これはたんに自分が忘れたときにみるメモ

 国会図書館は昔は10時半以降になると雑誌は2冊しか一度に閲覧できず、コピーも1日5ジョブとか制限もあり能率的でなかったが、今は昔のように混雑することはなさそうだし資料もさほど待たされずに出てくるし、西岡武夫氏が文部大臣だったころかと記憶しているが、そのころからサービスが格段によくなっている。ただひとつ、紙が劣化している古い資料を請求すると別室閲覧室行きを命じられ、監禁されているような気分になるので使いにくかった。マイクロフィッシュにいたっては面倒に思えた。しかしこの問題は資料のデジタル化で解消したのではないかと思う。
 紙が劣化した資料は館内のパソコンの画面で本を読むわけだが、コピーのとりかたの手順がちょっと複雑なので、おっさんなので、しょっちゅう行くわけでないから毎回忘れてしまい、いちいち利用技術の支援員にきくことになってしまうのでメモをしておいた。なお、デジタル資料のコピー料金は来年から値下げするという。

下記は支援員が指図した手順をメモがきしてたもので、必ずしも正確でないかもしれない。

1 まずコピーをとりたい部分のコマの範囲を手書きでメモする。そしてそれが著作権法で許容される範囲の頁数かも確認する。

2印刷をクリック

3コマを入力する。8-16,36,56-59みたいなかんじ
一度に20コマまで。

4詳細設定をクリック

5トリミングをする

6設定

7全てのコマに反映をクリック

8印刷保存をクリック

9印刷のアイコンをクリック

10プロパティをクリック

11白黒かカラーを選択

12詳細設定をクリック

13A4が初期設定されており、A4で問題ないからOKをクリック

14プレビュー作成 サムネイル表示が全部出るまで待つ
トリミングに問題がないかを確認

14金額が出る

15複写申込実行

16氏名を入力

17資料のタイトルをコピーペーストする。

18複写申込実行

受取場所は本館と新館両方にあるが、新館が混んでいるときは本館に行く。

登録カードを渡すと、番号札を渡される

番号札が呼ばれるまで待つ。

呼ばれたら、代金を払い、コピー製品と登録カードを受け取る

« 不快な東京新聞社説 | トップページ | 入手資料整理91 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メモ-デジタル化資料:

« 不快な東京新聞社説 | トップページ | 入手資料整理91 »

最近のトラックバック

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

世界旅行・建築