公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 入手整理資料131 | トップページ | 入手資料整理132 »

2014/03/23

2013年のアメリカ合衆国労働組合組織率

 毎年1月下旬に合衆国労働統計局が前年の労働組合組織率に関する統計を発表します。今年は1月24日にプレスリリースされ、2013年の労働組合組織率は11.3%で前年と同じでした。 http://www.bls.gov/news.release/union2.nr0.htm 公共部門が35.3%(前年より0.6%減)、民間企業は6.7%(前年より0.1%増)でした。組合員は1450万で、公共部門750万、民間700万となっています。

 民間で若干増加したが、組織率はほぼ横ばいといえるのであって、カードチェック法案でも通過しない限り、劇的に増加することはないと考えます。   http://news.heartland.org/newspaper-article/2014/01/24/overall-union-density-unchanged-slightly-private-sector
 アメリカ合衆国の組織率のピークは1954年でした。ハフィントンポストの記事にグラフが載ってます    http://www.huffingtonpost.com/2013/01/23/union-membership-rate_n_2535063.html

組織率が低い州 (すべて労働権州)

1 ノースカロライナ 3.0%(ロムニー)
2 アーカンソー 3.5%(ロムニー)
3 ミシシッピ 3.7%(ロムニー)
3 サウスカロライナ 3.7%(ロムニー)
5 ユタ 3.9%(ロムニー)
6 ルイジアナ 4.3%(ロムニー)
7 アイダホ 4.7%(ロムニー)
8 サウスダコタ 4.8%(ロムニー)
8 テキサス 4.8%(ロムニー)
10 アリゾナ 5.0%(ロムニー)
10 バージニア 5.0%(オバマ)

*ノースカロライナとバージニアは州公務員の団体交渉を禁止していることも組織率の低い要因と思われる。
*括弧内は2012大統領選挙結果

組織率が高い州

1 ニューヨーク 24.4% (オバマ)
2 アラスカ 23.1%(ロムニー)
3 ハワイ 22.1%(オバマ)
4 ワシントン 18.9%(オバマ)
5 ロードアイランド 16.9%(オバマ)
6 カリフォルニア 16.4%(オバマ)
7 ミシガン 16.3%  (オバマ)*労働権州
8 ニュージャージー 16.0%(オバマ)
9 イリノイ 15.8%(オバマ)
10 ネバダ 14.6%(オバマ)

« 入手整理資料131 | トップページ | 入手資料整理132 »

アメリカ研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2013年のアメリカ合衆国労働組合組織率:

« 入手整理資料131 | トップページ | 入手資料整理132 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築