公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« ホビー・ロビーストアズ判決について(2) | トップページ | コロラド州はマリファナ合法化で税収や観光が活況 »

2014/07/06

1971年のCIA分析によれば米国政府は常に尖閣諸島の正当な領有権は日本とみなしていた

 これは、1月に報道http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39724されており既知の事柄ですがあまりしられてない。たまたまスレートのホビー・ロビー判決の反響記事をみていたところ、Hububというフェイスブックのコミュニティの尖閣に関するリンクに目がとまったので一応記録しておきます。
  January 17, 2014 by PatriotsBillboardというサイト。国際安全保障問題を研究、分析する民間機関リグネットによる「1971 CIA Analysis Supports Japan’s Claim to Senkaku Islands」。秘密報告書の原文のリンクもある。。CIAの報告書は米国政府は常に、尖閣諸島の正当な所有者は日本と見なしていたことを示している。1970年9月半ば、日本政府は尖閣諸島は​​日本に属していることを公式的な立場をとり、どの国との交渉の問題ではなかった。第二次世界大戦の終結以来、尖閣諸島を含む海域は尖閣諸島は琉球の領土範囲内であったという立場を受け入れ、米国の排他的な軍事占領下にあった。米国政府は、常に、日本でも爆撃範囲として使用するには尖閣諸島の小島の日本の所有者に賃貸料を払って、尖閣諸島の所有権を持っていたと仮定していた。
 地図的証拠も日本に有利である。検査した中国国民党のマップはいずれも、尖閣諸島の海域は、中国の境界内にあることを示していない、ヨーロッパで印刷され、個人的に発行された地図のランダムな選択は、尖閣諸島の領域を中国として示すものではない。さらに、世界のソ連の公式アトラスの1967版は、尖閣諸島を日本領としているということです。 http://patriotsbillboard.org/1971-cia-analysis-supports-japans-claim-to-senkaku-islands/
 なお、Hububのアンケートでは尖閣について日本、中国いずれを支持するかについて日本は58/%、中国は41%でした。https://www.hubub.com/123531/123574

« ホビー・ロビーストアズ判決について(2) | トップページ | コロラド州はマリファナ合法化で税収や観光が活況 »

アメリカ研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホビー・ロビーストアズ判決について(2) | トップページ | コロラド州はマリファナ合法化で税収や観光が活況 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築