公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 6月30日開廷期末は公共部門労働組合に関する判決ともう一つ | トップページ | ホビー・ロビーストアズ判決について(1) »

2014/07/01

ちょっとがっかり

 30日の5対4のハリス対クイン判決Harris v. Quinn ですが、イリノイの在宅ケアの労働者の組合費の強制徴収に関するものでしたが、判決は強制徴収を認めないというものでした。しかし現在20の州で非組合員にも公務員労組の組合費強制徴収が行われており、1977年のデトロイト教育委員会判決でエージェンシーショップが是認されている。今回の判決理由では1977年の先例を覆すにはいたらなかったということです。ニューヨークタイムズの記事は、労組は敗北したが、壊滅的打撃は免れたと、安堵した内容になっている  したがって今回の判決は非組合員の勝利で、それ自体は称賛してよいと思いますが、先例はそのままなのでインパクトのあるものにはならず、少しがっかりです。  もう一つのホビーロビーストアーズの事件は信教の自由回復法、修正一条、非公開企業オバマケアと論点が複雑で難解なので、ニュースをよく読んでから論評します。

« 6月30日開廷期末は公共部門労働組合に関する判決ともう一つ | トップページ | ホビー・ロビーストアズ判決について(1) »

英米法」カテゴリの記事

コメント

貴方の政治思想は文明に対する、宗教・哲学観がゼロですね。
今まで、どう生きていたのですか?
都民として、クレームを出します。

宗教観は公明党とか、そう言う人以外だと一切不要だと思うんですがそれは

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょっとがっかり:

« 6月30日開廷期末は公共部門労働組合に関する判決ともう一つ | トップページ | ホビー・ロビーストアズ判決について(1) »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

世界旅行・建築