公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 1971年のCIA分析によれば米国政府は常に尖閣諸島の正当な領有権は日本とみなしていた | トップページ | 入手資料整理139 »

2014/07/07

コロラド州はマリファナ合法化で税収や観光が活況

  コロラド州は大麻の規制を2012年11月の住民投票で大幅に緩和することになり、 今年から酒やたばこと同様に嗜好品として合法化しましたが、税収や観光が活況でとても良い効果があり、61%の有権者が支持しているとのことです。(オークランドトリビューン記事)http://www.insidebayarea.com/news/ci_26095373/marijuana-legalization-colorado-so-far-so-good
 大麻は被害者なき犯罪として非犯罪化が妥当との見解があります。酒やタバコのほうがよっぽど健康に悪いともいいます。少なくとも他人に危害を加えたわけでもないのに、薬物を所持していた有名芸能人をたたきまくる報道はそろそろやめたほうがようのではないかと思います。

« 1971年のCIA分析によれば米国政府は常に尖閣諸島の正当な領有権は日本とみなしていた | トップページ | 入手資料整理139 »

アメリカ研究」カテゴリの記事

コメント

Where to buy wholesale cheap Chiefs jerseys china usa online

new Browns uniforms at a great discount for you, purchase genuine and legit jerseys in cheap jerseys online.

川西さん体臭強いです。
ヨーグルトとか食物繊維をお薦めします。
ネットで調べてみるといいです。

■■■■■■■■■■■■■■■■■ 不法ブログ行う水道局川西正彦 ■■■■■■■■■■■■■■■
● 職員ハンドブックより記載
 (地方公務員法第 33 条)
職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。
 (地方公務員法第 34 条第1項)
職員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また、同様とする。
 (地方公務員法第 35 条)
職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、
その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、
当該地方公共団体がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。

● 公務員採用時における、公務確約宣誓書
地方公務員法第31条には「職員は、条例の定めるところにより、服務の宣誓をしなければならない。」と定められています。
私たちは全員、入都新規採用の発令の後、宣誓書に署名をしました。その内容は次のとおりです。
 宣 誓 書
私は、ここに、主権が国民に存することを認める日本国憲法を尊重し、且つ、擁護することを固く誓います。
私は、憲法第8条 全体の奉仕者として、市民の信託による公務を民主的且つ能率的に運営すべき責務を深く自覚し、
誠実且つ公正に情報の守秘義務を守り、職務を執行することを固く誓います。

          川西正彦は法律違反です!
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

脱法ドラッグが違法化されつつある現在、貴殿の考えは実に滑稽極まりない妄言にて候。
為れば貴殿も大麻と等しき脱法ドラッグを其のご発言責任上にてお試し為されよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: コロラド州はマリファナ合法化で税収や観光が活況:

« 1971年のCIA分析によれば米国政府は常に尖閣諸島の正当な領有権は日本とみなしていた | トップページ | 入手資料整理139 »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

世界旅行・建築