公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 女性活躍法案に強く反対  | トップページ | (下書き)公労法適用職場において組合員にスト参加を強制する組合の統制権を明確に否定した昭和47年から昭和50年の6判決の意義についての説明その2 »

2014/10/04

心筋血流シンチグラフィ

 これは何回かやっている:検査だが、前回と機械とやり方が違っていたの次のとき参考のために記録しておく。
 看護師から2日前からアーチスト、1日前からカルブロックをの休薬の指示があったが、アーチストは2日前にのんでしまった。酒は良いがカフェインは1日前から禁止の指示だったが、前日の朝、缶コーヒーを飲んでしまった。
 運動着とタオル持参が指示されていたが、運動靴は用意されていて必要なかった。上半身は裸になるので上着も必要なかった。
 まず点滴を打たれ、平静でシンチグラフィをとったのが15分くらい。撮影技師と助手が立ち会う。
 そのあと医師と助手2人の立会いで、心電図をとりながらランニングマシンで心拍数を上げるのだが、前回ほどきつくなく、苦しくなる前に医者がストップをかけてくれた。薬はアーチストだけきかれた。
 そのあと点滴をとりはずし、食事をとってくれといわれ、一時間後、再びシンチグラフィを撮影、あおむけで、10分、うつぶせで8分ぐらい。清算は3万円ほど。予定より早く午前中に終了。

« 女性活躍法案に強く反対  | トップページ | (下書き)公労法適用職場において組合員にスト参加を強制する組合の統制権を明確に否定した昭和47年から昭和50年の6判決の意義についての説明その2 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 心筋血流シンチグラフィ:

« 女性活躍法案に強く反対  | トップページ | (下書き)公労法適用職場において組合員にスト参加を強制する組合の統制権を明確に否定した昭和47年から昭和50年の6判決の意義についての説明その2 »

最近のトラックバック

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

世界旅行・建築