意見具申 伏見宮御一流(旧皇族)男系男子を当主とする宮家を再興させるべき 伏見宮御一流の皇統上の格別の由緒について(その二)

公務員に労働基本権付与絶対反対-政府は巨悪と手を結ぶな

無料ブログはココログ

ニュース(豪州・韓国等)

« 民法750条・夫婦同氏(夫婦同姓)制は合憲とされるべきである 下書きその6(選択的夫婦別氏・夫婦別姓絶対反対) | トップページ | 安藤ミキティ発言について思ったこと »

2015/11/30

外国人観光客に優しくない東京の事例

週刊東洋経済の先週発売号(11/28号)の鉄道特集だが、訪日観光客に優しくない交通アクセスが、槍玉にあげられていたが、なるほどと思えた。
神田駅。観光スポットではないが、最も人気のある浅草に行くための乗換駅である。JRの1階コンコースは柱が多くて地下鉄の入口がみつけにくい、しかも改良工事中で上り専用、下り専用の別々の狭い階段に仕切られている。日頃から通勤で使っている人は別としてとまどうと思う。
都営地下鉄の大門。大江戸線はJR浜松町に非常に近く乗換え駅なのに、観光客にはわかりにくい。車内アナウンスでは「大門(浜松町)」というが「浜松町」の方がメジャーなので、「浜松町-大門」に駅名を変えたほうが親切だと思う。
さらに、女性専用車に知らずに乗って、刺さるような視線を浴びたのも不快だとも書かれていた。女のほうがいばってるからね。このまえも席をつめろと別の女性同伴客を隣り合わせにすわらすためとかで若い女から指図されたが、通勤車両なのによその客の都合のためにかまう必要があるのか。

« 民法750条・夫婦同氏(夫婦同姓)制は合憲とされるべきである 下書きその6(選択的夫婦別氏・夫婦別姓絶対反対) | トップページ | 安藤ミキティ発言について思ったこと »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 外国人観光客に優しくない東京の事例:

« 民法750条・夫婦同氏(夫婦同姓)制は合憲とされるべきである 下書きその6(選択的夫婦別氏・夫婦別姓絶対反対) | トップページ | 安藤ミキティ発言について思ったこと »

最近の記事

最近のトラックバック

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31